Yahoo!かんたん決済を使ってみた

インターネット

yahoo

 最近、十数品目をヤフーオークションに出品して処分しました。私の場合は落札してもらった人から送付先住所などの情報を先に送ってもらい、お金の決済を終わらせる前に落札者に商品を送ってしまうようにしています。

 商品を送付するときにはYahoo!ゆうパックを使用しています。Yahoo!ゆうパックはYahoo!オークションの管理画面と連動して送付手続きが実施できる上、落札者の人に送付手続きをWEB上で終わらせた瞬間、およびコンビニエンスストア(ファミマとローソン)で商品の送付をしたときにメールを自動送信することができます。

 これにより、落札者の人にとっても安心して取引が出来るので良いシステムだと思います。コンビニから商品を送付したらその郵送料を落札者に知らせます。そして落札者の人が実際に商品を確認していただいたうえで、お金の決済をするという流れで進めています。


 特に出品をする時点では商品説明や取引条件に「先に商品を送る」ということは書かないようにしています。もしも書くと、詐欺にあってしまう可能性があるためです。従って落札者の人に商品を先に送るというメールを出すと、ほとんどの場合は「本当に良いのか」と驚かれてしまいます。

 出品者側にとってみれば多少のリスクはありますが、落札した人は先にお金を振り込もうと思って落札しているので特にトラブルにあったことはありません。確実に商品が届いたあとにお金を決済してもらえます。人によっては商品が到着する前に決済を終わらせてしまう方もいらっしゃいました。

 今回は十数品目の取引をした中で、決済手段としてもっとも多く使用されたのが、イーバンク銀行への振込みです。私がイーバンク銀行の口座を持っているので、もしも落札者の人がイーバンク銀行に口座を持っていれば、手数料無料でイーバンク銀行間の振込みが完了します。

 これはとても有利な仕組みです。オークションで決済をするときにはもっとも便利なのではないでしょうか。続いて多かったのが、都市銀行口座への振込みでした。この場合は落札者の方には手数料がかかってしまいます。

 そして、2件だけでしたが、今回はYahoo!かんたん決済で支払いを行ってくれた落札者の方がいらっしゃいました。落札者の人に送付したメールの中にもYahoo!かんたん決済のURLを入れておいたので、使われたのかもしれません。

 私自身はYahoo!かんたん決済を使用するのは全くの初めてです。このYahoo!かんたん決済ですが出品者については結局何もやる必要はありませんでした。Yahoo!から「Yahoo!かんたん決済で入金があった」とメールが送られてきて、Yahoo!に登録している銀行口座(私の場合はイーバンク銀行)へ自動的にお金が振り込まれました。これだけ手軽に取引ができるのであれば、出品者からはYahoo!かんたん決済による決済方法も可能だと落札者には通知したほうが良いと思います。

コメント