任天堂Wiiのリモコンを充電式にできる

wii

 任天堂Wiiのリモコンは単三型の乾電池を二本入れるタイプになっています。この電池、Wiiで遊んでいると結構頻繁に電池切れになってしまうので、電池代もかさみますし、交換が面倒くさいのが実態です。

 PS3のリモコンはUSBケーブルでPS3本体と接続しておくと勝手に充電していてくれるのに対して、この電池問題はWiiの弱点でもありました。

 仕方がないのでSANYOのeneloopを使って電池を充電しながら使っているのですが、それでも電池がなくなるたびに取り外して交換するのは非常に面倒でした。


 そんな悩みを解決する商品が発売されるようです。Wii本体のUSB端子にクレードルを接続して、リモコンを使わないときにはそのクレードルの上にセットしておけばよいようです。ちょうど携帯電話と同じ感覚で使うことができそうです。

 Wii本体には2つのUSB端子が付いているので下記の商品を購入すれば二個のリモコンを同時に充電することができます。

 充電時間は3.5時間で約25時間は内蔵のリチウムイオンバッテリーで連続使用することができるようなので、使い勝手がグンと上がるのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
ゲーム
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント