映画「UDON」を見た

映画・音楽

UDON

 昨日、近所のDVDレンタルショップのゲオに行ってみたら、UDONのDVDが1枚だけ在庫がありました。これをさっそく借りてきて、見てみました。DVDは3月7日に発売されたばかりのようです。

 ひょんなことから、「タウン情報さぬき」の編集を始めた香助(ユースケサンタマリア)が、その情報誌でうどんの紹介をする企画を思い立って、仲間と一緒にさぬきの製麺所をめぐって取材を始めます。そして、タウン情報さぬきは急速に売れ出して、「うどんブーム」が到来するところから物語は始まります。

 この辺の話は実話だったようで、麺通団の公式ウェブサイトを見ると歴史が出ていました。1989年に香川県のタウン情報誌上に「ゲリラうどん通ごっこ」という特集を始めたところが、讃岐うどんブームの発端になっています。1993年に麺通団が結成されて、1994年頃からは香川県以外のところから、人が讃岐うどんを食べるために香川県の製麺所を訪れるようになってきたようです。

 映画の中では麺通団が製麺所巡りを始めるところからは、もううどん、うどん、うどんのオンパレードですが、何だか見れば見るほど、うどんが美味しそうに見えてきます。コシのある美味しい讃岐うどんをドンドンと食べたくなってきてしまいました。

 ところどころ過剰演出?と思える部分もありますが、全体的にはしっとりとしていて、邦画っぽい感じも随所にちりばめられたところもあります。テレビの前に張り付いて、最後まで一気に映画を見通してしまいました。

 麺通団は東京にもお店を出しています。新宿の西口、大久保駅よりのところにお店があり、先日、私も行ってきました。下記のリンク先が行ったときの記事です。

 ★新宿の東京麺通団に行った


(2008/03/16追記)

 昨晩はテレビでUDONが放送されました。UDONを見ているうちに、「うどん」を食べたくなってきてしまったので、吉祥寺で讃岐うどん屋さんに行ってみることにします。とは言っても、たぶん、吉祥寺の麺通団は大変なことになっているのは間違えないので、今回は「はなまるうどん」で済ませることにします。いくら混んでいたとしても、はなまるうどんなら回転率も良さそうなのでたいしたことは無いだろうと思っていたのですが、いざ、12時少し前に北口のはなまるうどんの前に行ってみると、そこは大変なことになっていました。

 吉祥寺駅北口のはなまるうどんはビルの地下一階にあるのですが、1階から階段を下りるところにまで列が続いています。これでは食べるまでに相当の時間がかかってしまいそうなので、今回は讃岐うどんを食べるのは諦めました。

 テレビでUDONを放送しただけなのに、これだけ讃岐うどんのお店に行列が出来てしまうというのには驚きました。

UDON スタンダード・エディション
ポニーキャニオン
ユースケ・サンタマリア(アーティスト)本広克行(監督)小西真奈美(出演・声の出演)トータス松本(出演・声の出演)升毅(出演・声の出演)片桐仁(出演・声の出演)要潤(出演・声の出演)小日向文世(出演・声の出演)戸田山雅司(その他)亀山千広(プロデュース)
発売日:2007-03-07
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:96
おすすめ度:4.0
おすすめ度4 讃岐うどんの野暮ったい大らかさが大好きです!
おすすめ度3 ああ、うどんが食いたい!
おすすめ度5 暖かくてさりげなく寂しい
おすすめ度3 こないでしょう、UDONブーム
Amazon.co.jp
全米でコメディアンになる夢に挫折し、故郷の香川県に戻ってきた香助。うどん職人である彼の父親はそんな香助に冷たい。だがその父が急死。故郷の味・さぬきうどんに魅入られてきていた香助は、父が残した製麺所でうどんを打とうと決意をするのだが…。
こういった主軸となる父と息子、その家族の物語に、うどんブームに踊らされる人々やそれをあおるマスコミへの皮肉な視点が入るなど、さまざまなドラマが盛りだくさんに織り込まれたのがおもしろい。しかもほとんどが実話。ドキュメントとフィクションの中間を行く感じも斬新で、あまり見たことのないタイプの映画だ。そのせいか映画の方程式にあてはめて見たがるガチガチ頭の評論家には評判がよろしくないようだが、素直に映画を見れる人には好評なのもうなずける。見れば見るほど味わいあるぞ。(横森 文)

Related posts

コメント