パソコンにも使える激安なサーバーの種類

コンピューター

 最近、激安なサーバーがとても目につきます。各社ともエントリー系のサーバーを定価の半額程度で販売している例が目立ちます。

 エントリーサーバーを導入して貰いサポートしていく中で、より上位の機種についても同社のサーバーを買っていって貰おうという戦略なのでしょうか。どう見ても、この販売価格で原価割れはしていないのか?と不思議になってくる例も多いです。

 メーカー直販サイトでは主に法人を対象にしたキャンペーンなのですが、個人事業主も対象としている場合がほとんどです。メーカーとしては個人への販売はあまり想定していないようです。

 たとえば、DELLのSC430で過去実施したキャンペーンの場合には、「やじうまPC Watch」で下記のような注意書きが追加されています。(【やじうまPC Watch】デル、19,800円でPentium 4サーバーを限定販売

【22時追記】ここで取り上げているのはあくまでも「」であって、通常のWindows XPをインストールしてデスクトップ等で使用するには向いていません。チップセット等の仕様も検討のうえ、用途に応じて購入されるよう改めて記載いたします。

 これらの機種はサーバー系のOSしかメーカーサポートを受けられないですが、たいていの場合はWINDOWS XPなどのコンシューマー用のOSも走らせることができるようです。だいたい、激安サーバーというと2万円弱から4万円程度までのサーバーになるでしょうか。ケース、電源、マザーボード、メモリー、CPU、ハードディスクなどが一緒になってこの値段というのはとてもお買い得だと思います。激安サーバーにはOSが付属しません。OSが付属したモデルは値段がかなり跳ね上がります。

 そんな激安サーバーにはどんな種類のものがあるか色々と探してみました。

(1) 日本電気(NEC)

 ・EXPRESS 5800/110Gc

  このエントリーを投稿した時点では、NTT-XストアでCeleron搭載のモデルが2万円弱、Pentium4搭載のモデルが3万円弱の値段で売られています。なかなかお得な感じです。NTT-Xストアのトップページからはメニューを、「ハードウエア→」とたどっていって、価格の安いもの順にソートすると良い製品が見つかると思います。










 ・EXPRESS 5800/110Gd

  先日、私も購入したサーバーです。NECの得選街で商品を売っています。ここも現在は半額キャンペーンを実施しており、一番安いモデルは22050円となっています。

 このモデルにはハードディスクは付属していません。激安サーバーはハードディスクがついていても80GB程度の中途半端な容量のハードディスクしかついていないことも多いため、このようにディスクレスで売っている商品も良いのではないかと思います。

NEC「得選街」

(2)HP ML110 G4 モデル

 このサーバーもNTT-Xストアで扱われています。HP社では丸ごと半額キャンペーンを実施しており、NTT-Xストアでもやはり半額とした後の価格で掲載されています。

 ★ML110 G4 モデル まるごと半額キャンペーン 4177100-ACXN

 ヒューレットパッカード社のHPダイレクトでも取り扱っています。丸ごと半額キャンペーン適用後は2万7405円となります。

(3) 富士通 PRIMERGY TX150W S5 ディスクレスタイプ

 インテル® Celeron® D プロセッサー 346[3.06GHz]、メモリー512MB、ハードディスクは付属しないタイプです。富士通のWEBマートで2万9800円です。

最新キャンペーン情報をチェック ⇒ 富士通WEB MART

(4) デル PowerEdge SC440

 激安パソコンで有名なデルですが、ここでもエントリーサーバーが激安なキャンペーン価格になっています。

デル株式会社

 激安サーバーではPCI EXPRESSにX16が搭載されておらず、高速なビデオカードを増設できないというデメリットがあるようです。X8のコネクタとビデオカードを加工して無理矢理、ビデオカードを突き刺すという荒技もあるようです。たとえば下記のサイトで詳しく紹介されています。

 ★パソコンいじりたおしの日々: PowerEdge SC430 ビデオカード

 ★パソコンいじりたおしの日々: 例のビデオカード加工画像

 どちらにしても、高速な描画性能を要求されるようなゲームを楽しもうと思っている場合には、あまり激安サーバーは適していないと思います。

Related posts

コメント