USB電源スピーカを買った

シェアする

note-usb-pc

 子どもに使っていなかったパソコンを1台おろしたのですが、このパソコンにはスピーカーが付いていなかったので、子どもから音を出すようにして欲しいとリクエストを貰っていました。

 そこで何か簡易なスピーカーを購入しようと思い選びました。

 このスピーカーはUSBスピーカーではありません。USB電源スピーカーです。USBスピーカーであればたとえサウンドボードの機能が付いていないパソコンでもUSB端子さえあれば音を出すことができるようになりますが、このUSB電源スピーカーではUSB端子のほかにパソコンにはライン出力端子が必要になります。USBコードも付いているのですが、これはUSB端子に給電されている電源を受け入れるためだけの目的で付いています。

 従って、特にコンセントに電源コードを差し込まなくても内蔵のアンプが稼働します。


 また、ヘッドフォン端子が付いているので、スピーカーから音を出さずにヘッドホンで音楽を楽しむこともできるので便利です。

 スピーカー本体の重量は560g、内蔵アンプの実用最大出力は0.5W+0.5Wで合計1W、インピーダンスは4オーム、周波数特性は180Hzから20KHzまでと表示されています。

 到着した商品を実際に使ってみました。接続したパソコンはレノボのTHINKPAD G40というノートパソコンです。このパソコンにはライン出力端子とUSB接続端子が付いているので、このスピーカーを接続して試すにはちょうど良いと思い試してみました。

 接続して電源ボタンを押し、ボリュームを大きくすると簡単に音が出てきました。どちらかというと、中音域がよく聞こえてきます。ちょうど人の声の音域がクリアーに聞こえてくる感じです。あまりスピーカーユニットは大きくは無いようなので、どうしてもこのような音質になってしまうのは仕方がないことだと思います。音量を上げていっても特に音が割れることはありませんでしたので、この値段であれば、良い商品なのではないかと感じました。

【2014/02/19追記】

 こちらで紹介したUSB電源スピーカはすでに発売されておらず、かつ現在では使用していません。現在は、こちらの商品を利用しています。

 ☆  「LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW」は安いながらも音質良好

 こちらのUSB電源スピーカーは安価であるにもかかわらず、比較的良い音質なので、気に入って使っています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク