映画 地下鉄(メトロ)に乗って

 3作品目は「地下鉄(メトロ)に乗って」という映画です。昨年の10月からロードショー公開された作品で、この3月からDVDが発売されました。

 主人公の小沼真次は下着のセールスマンをしています。ある日、赤坂見附の駅で丸の内線を待っていると、恩師にあい少しだけ昔話をします。赤坂見附といえばいつも人でごった返していますが、なぜか、このシーンでは二人以外は誰もホームにいません。

 しかも電車が来ないので、真次は先生に別れを告げ、銀座線に乗り換えようとします。永田町の地下通路を歩き回っているうちに亡くなったはずのお兄さんの後姿を見て、追っていくと地上に出ます。

 その出たところは丸の内線ができたばかりの昭和39年の新中野駅でした。この日は真次のお兄さんが亡くなった日だったので、真次はお兄さんを見つけ出し、家まで送り返して事故にあわないようにしたあとに、また現代の社会に帰ってきました。そこでお兄さんの消息を確認したところ、お兄さんは別の日に亡くなってしまっていたそうです。歴史を大きく変化させることはできなかったということになります。

 そんなタイムスリップを繰り返しながらストーリーは進行しています。エンディングにかけては予想もしていない展開で驚きました。

 この映画の中に出てくる東西線は車体全体が赤くて横には波状のラインが入っている昔は良く見た車両です。でも、この車両はすでに廃車になってしまっていて、この映画の撮影の段階ではもう残っていなかったはずです。

 そこでネットでどうやってロケをしたのか調べてみると、WIKIPEDIAにその答えは乗っていました。東西線に走っていた古い車両全体に丸の内線のラッピングをして走行させたそうです。また、当時の新中野駅のホームは、東西線の竹橋駅を使ってロケをしたことが紹介されていました。確かに東西線の竹橋駅はかなり古いつくりでこのような撮影にはピッタリだったかもしれません。


(2008/06/10追記)

 昨日はテレビの地上波で「地下鉄(メトロ)に乗って」が放送されました。DVDで見ていたにもかかわらず、テレビでも見てしまいました。

 日曜洋画劇場で放送されたのですが、「これ邦画だよな?」とつい突っ込みをいれたくもなってしまいます。ネットで検索をしてみると、日曜洋画劇場でなぜ邦画などを放送するのかというQ&Aがありました。

 ・日曜洋画劇場はなぜ”洋画”? – 教えて!goo
 ・わんころげ工房 日曜洋画劇場なのに邦画を放送
 ・AOL Q&A広場 日曜洋画劇場で

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
映画・音楽
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント