コメットさんに出てくる印象的な百窓の家(試みられた起爆空間)

テレビ番組・ドラマ

窓

チャンネルNECOで再放送されている九重佑三子のコメットさんを子どもと一緒に見ています。大場久美子のコメットさんも合わせて再放送されているのですが、九重佑三子のコメットさんの方が何だか手間をかけて作られている感じがして見応えがあります。特にベータンと呼ばれる人形が動くシーンは気が遠くなるほど大変な手間がかけられているのではないでしょうか。

そんなコメットさんを見ていると、坂道に沿って立方体の奇妙な建物が建っているのが見えました。カラーになってからなので23話か24話くらいだったと思います。

建物の様子はこちらのTwitterの写真がインパクトがあります。丘の上に建っているのですが、下から見ると本当に圧巻です。

この建物、いったい何の建物なのだろうとネットで情報を探したところ、すぐに見つかりました。通称「百窓」という名前の建物で世田谷区の砧公園の近くに実在していたようです。集合住宅ではなく、あくまでも個人の方の家だったという情報がありました。

また、コメットさんだけではなく、色々な特撮ものでロケに活用されていたそうです。撮影所からも比較的近かったのがその理由なのでしょう。すでに今では取り壊されてしまい、実物を見ることはできないことが非常に残念でなりません。


なぜ百窓のという名前なのかも合わせて調べてみると、東西南北の各面に5x5=25の丸い窓が付いていて、これが4面あるので百窓という愛称になったようです。正式な名前は「試みられた起爆空間」、何だかスゴイ名前です。

実際の百窓のロケ地はどこなのだろうと思い探していると、こちら「「コメットさん」日記」に情報がありました。全79話の色々なロケ地が網羅されています。

調べていくうちにウルトラセブンの「遊星より愛をこめて」という作品にも百窓が写っているという情報を見つけました。この遊星より愛をこめては放送禁止になった作品なのですが、Youtubeに5分割されて登録されている情報がありました。(なぜ放送禁止なのかはこちら「」のサイトで説明されています)

実際にYoutubeで検索をしてみると確かに登録されていました。1/5から順番に見ていくと、確かに2/5に百窓の家がうつっています。コメットさんで出てくるときにはスゴイ坂道の上に建っているという印象なのですが、こちらのウルトラセブンでは平坦な道の向こう側に建っているように見えます。撮影している方向が違うのでしょうか。螺旋階段をのぼっていくシーンもあるのですが、これは百窓の螺旋階段でしょうか。興味深いシーンでした。

さらに見ていくと3/5では百窓の家が爆破されるシーンまでありました。百窓の家の建っているところは広い広場であったことが判ります。ミニチュア模型か何かで撮影をしていると思うのですが、粉々になった家が痛々しい感じです。爆破のあとに子どもたちが逃げていくのですが、この逃げていくシーンではコメットさんで出てくる坂道が使われているように見えました。

ほかに、百窓のペーパークラフトも公開されています。こちら「ペーパークラフト」のページで公開されていますので、週末に時間をとって作ってみたいと思っています。(公開先のページが無くなったのでリンクを外しました)

(2007/05/20追記)

百窓があったと思われる場所に行ってみました。下記の記事からどうぞ。

成城学園から砧公園を通って用賀まで歩いた

【2020/08/17追記】

地図はこちらのサイトが分かりやすかったです。

荻窪東宝
1960年代ころの東宝映画(若大将シリーズとか社長シリーズとか)の魅力についてであるとか、ロケ地を調べてみたりであるとか、そういったようなサイトです。

 

コメント