【閉店】武蔵境のハナマサステーキに行った

グルメ・ランチ・美味しいもの

武蔵境駅の北口駅前にある肉のハナマサにステーキ屋さんが出来たということでお店に行ってみました。

肉のハナマサはそもそも業務用の食材を扱うスーパーマーケットで、プロだけではなく、普通の人でも買い物をすることができます。昔は国立などにある肉のハナマサに食べ放題の焼き肉レストランが併設されていることもありました。

しかし、その後はレストラン事業についてはあまり力を入れていないように思っていました。ところが、最近になって「ハナマサステーキ」という名前でカウンター式の手軽なステーキ屋さんを出店していると言います。武蔵境店のほかには横浜の関内にもお店があるようです。

スーパー「肉のハナマサ」経営のハナマサ(東京都港区)は3月7日、関内駅前の商業施設セルテ(横浜市中区真砂町3)地下1階に「ハナマサステーキ 関内店」(TEL 045-212-2951)をオープンした。場所は、昨年オープンした「肉のハナマサ」向かい。

武蔵境にあるお店の外観は下記のような感じです。スーパーマーケットの肉のハナマサの隣にあります。


ハナマサステーキ 武蔵境店

まずお店に行ったら、店の外にあるメニューで商品を選びます。

ハナマサステーキのメニュー
 今回は私はガーリックソース味の国産霜降ステーキを食べてみました。980円です。今日はいっぱい歩いたので、ステーキをいっぱい食べたかったのですが、XXXグラム!といった感じの大きいステーキという形ではメニューが無いようです。ぜひ、とてつもなくでかいステーキのメニューも一品くらいはあるとバラエティが出て良いのではないかと思うのですがいかがでしょう。

メニュー: 全品ライス・スープ付き
国産霜降ステーキ 980円
リブロースステーキ 860円
トップサーロインステーキ 760円
手こねハンバーグ 580円
和風ハンバーグ 580円
豚キムチ 660円
やわらかラムステーキ 780円

中に入ると、少し松屋を高級にした感じの内装です、全てがカウンター席になっています。WEBページで調べるとカウンター席は38席あるようです。

ハナマサステーキの店内
 食券を店員さんに渡し、ライスは大盛りでお願いをしました。ライスは大盛り無料です。そして暫く待っていると、水と一緒にまずはステーキの下に敷くための紙が出てきました。この紙には美味しいステーキの食べ方が書いてあります。

ハナマサステーキ
 この紙を見ていると、さめてしまった鉄板を「もう一回暖めてください」というオーダーも出来るようです。つぎに味噌汁が出てきて、大盛のライスも出てきました。確かにライスの量が多くて、これならば満足です。そして、いよいよステーキが出てきました。

私はサーロインステーキのような肉を期待していたのですが、肉野菜炒め?みたいな感じで料理が出てきたので少しだけショックでした。横で子どもが食べていたハナマサステーキを見るとこちらは普通のステーキの格好をしていたので、こちらの方が良かったかと少しだけ後悔をしました。

国産牛霜降りステーキ
 ここではお肉は生の状態で出てきます。これを十分に熱くなったステーキ皿の上で自分でジュージューと焼きながら好きな焼き加減に調整します。だいたい、火が行き渡ったかな?というタイミングで肉を口に運んでみました。

食べてみると、肉厚で十分に美味しいお肉です。ガーリックソースの味も絡み合って、ご飯もドンドンと進みました。肉の量的には少々の物足りなさはありましたが、ライスは大盛にしてあったので、こちらでお腹は満足しました。付け合わせのモヤシなどもいっぱいついていて良い感じです。

値段も手ごねハンバーグのセットでは580円と十分に安いと思います。会社のお昼休みにランチを食べるような場合にも十分に対応できると思います。メニューも色々とあるので、今度は別のメニューを試そうと思います。

地図を掲載しておきます。


大きな地図で見る
(2007/06/10追記)

今度はハナマサステーキの下連雀店というところに行ってみました。三鷹市にある「肉のハナマサ」に併設されているお店です。


大きな地図で見る
 2007年の6月7日に開店したばかりの店舗で、大きさは武蔵境店と比べると相当に小さいです。でも、そんなに宣伝をしていないせいもあってか、まだまだ、お客さんの数は少なかったです。カウンター席は全部で20席くらいではないかと思いますが、4組程度のお客さんしかいませんでした。住宅街にお店があるせいか、どちらかというと、家族連れのお客さんも多いようです。

店内に入ると自動券売機がありますので、ここで何を食べるかを決めます。武蔵境店ではステーキを食べたので、今日はハンバーグを試してみることにしました。「手ごねハンバーグ」というメニューです。やはり、ライスは大盛にしても無料でした。ほかにカップ味噌汁が付いてきます。

ハンバーグは「肉汁がたっぷりで無茶苦茶に美味しい」という訳ではないのですが、ジュージューと音を立てながら出てくる様子はとても食欲をそそります。ハンバーグにかけるソースの味も濃いめの味で、ライスの方はグングンと進みました。ハンバーグにはモヤシや目玉焼きなども添えられています。このメニューで580円であればとても安いのではないかと思います。

【2021年5月6日追記】

残念ながら肉のハナマサはいくつかの店舗を閉鎖してしまいました。楽天市場にお店を出していた時期もありましたがその後撤退しています。

Related posts

コメント