自転車で野川と仙川をサイクリング

日曜日は朝からとても良い天気でしたので、子どもを連れてサイクリングに行ってきました。深大寺の近くから野川沿いを走っていきます。

今まで野川沿いに走ったことはあるのですが、京王線の線路を渡って南側に行ったことがありません。時間にもまだまだ余裕があったので、今回は京王線の線路の下をくぐり抜け、初めての場所へ行っています。

ここは柴崎駅と国領駅のちょうど中間付近にあたるようです。

そのまま野川沿いを南へ走っていくと、平凡な風景がしばらく続いた後、左手に団地が見えてきました。神代団地という名前のようです。

野川沿いにしばらく団地群は続きますが、そのまま走っていくと、今度は右手に大きなマンションです。ここは狛江ハイタウンでしょうか。

野川と狛江ハイタウン

その先には右手にデンコードー、そしてさらに走っていくと、やはり右手に広大な高台が見えてきました。高台の上は「きたみふれあい広場」になっているようです。

この高台、何となく人工的な感じがします。どうも小田急線の線路が吸い込まれていっているようにも見えます。家に帰ってからWEBで調べてみると下記のように書いてありました。

小田急線の電車車庫の上にある人工地盤の公園です。地上10mの高さにあるため見晴らしが良く、天気が良ければ富士山や丹沢の山々が望めます。すぐそばの野川緑道等ともあわせて整備され、散歩にも最適です。

ここは小田急線の電車の車庫になっていて、その上に人工地盤を作成し、公園にしているようです。なんだか凄いことをするものだと感心するばかりです。

しばらく走っていくと、すぐに小田急線の線路が見えてきます。ここは成城学園前駅と喜多見駅のちょうど中間付近になります。小田急線の手前を右に曲がって成城学園前駅の方角に向かいました。

すると、喜多見不動尊というところがありました。この喜多見不動は九重佑三子のコメットさんでロケ地として使われていたという話しを思い出して、ちょっと寄っていました。

道路沿いにちょっとした自転車置き場があって、その向かいには小さな池があります。ここには鴨が住み着いていました。そして池の右手から参道が続き、すぐに階段になります。この階段の上には喜多見不動が見えています。

喜多見不動尊
 階段をのぼりきると、境内はそんなに広くはないのですが、一通りのものがそろっているようです。すぐ横には小田急線の線路があります。

喜多見不動の境内喜多見不動
 喜多見不動を見たあと、また自転車に乗って、喜多見不動横の坂を成城学園前駅の方向に上っていきました。そのまま行くと小田急線の線路上に出たので、ここから写真を一枚撮っておきました。

小田急線上からの見晴らし
 今度は成城学園前駅の西口前を通り、北口前の道を北へ向かいます。この道を真っ直ぐに行ったところに、ちょっと大きめの100円ショップのダイソーがあったことを思い出し、寄ってみました。

以前、千歳烏山駅から成城学園前駅まで小田急バスに乗ったときに、ここのダイソーの前を通った記憶があります。ザ・ダイソーの成城学園店は下記の場所にあります。

成城学園店の店舗情報 | ダイソー
100円ショップ「ザ・ダイソー」の「成城学園店」の住所や電話番号、営業時間、店舗の大きさ、サービス概要を掲載しています。また「成城学園店」の位置を地図(マップ)上に表示したり、この店舗までのルートを検索したりできます。

 ★成城生活 : 2004年11月30日(火) 成城にダイソーがやってきた!…(成城生活歴121日)

ここのダイソーはかなり大きいです。1階と2階が店舗になっていて、1階には食料品や電気小物、日用雑貨、2階には、おもちゃ、カバン、園芸用品などなど、かなり色々なものが扱われています。成城学園というと高級住宅地という印象が強いのですが、100円ショップもかなり繁盛しているようでした。どこにあってもダイソーは強いようです。

ダイソーで買い物が終わった後、そのまま前の道を北に向かいます。そして、突き当たったところを右に折れれば下り坂になっていて、仙川に出ます。そのまま仙川を上流に向かい走っていきました。仙川も野川同様に散策されている方がたくさんいらっしゃいました。

仙川
 今回の走行距離は約20Km、ちょっと疲れましたが、川沿いの自転車道をほぼ走っていていたので気持ちが良かったです。

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
日記・ショッピング
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント