全日空のシステム障害で欠航便多数

ana-全日空

 今日の未明から全日空の国内線システムで障害が発生し、全国の空港で予約、発券、搭乗手続きが行いにくくなったため、全日空の飛行機の運航ダイヤが大きく乱れたという報道がニュースを賑わせていました。


 2週間かけてセンターのホストコンピューターと業務用端末を接続するためのシステムの更改作業を続けてきて、24日に完了したばかりのようですが、この作業の中、または適用したソフトウエアの欠陥などの何らかの原因があったようです。

 結局は100便以上が欠航し大きな混乱を招いてしまいました。ニュースなどを見ていると、更新する前のシステムで順次切り戻し作業を実施していき、所定の処理能力が発揮できるようになったようで、午後6時には飛行機の運航を再開したとのことで、全日空のシステム開発をしている多くのエンジニアは相当苦労したものと思われます。

 システムが徐々に巨大化してきており、接続するシステムも多岐にわたっているため、なかなか、本番運用と同等の条件で試験をすることが難しくなってきていると思います。しかし、このように複雑な状況になっているからこそ、ミッションクリティカルなシステムならばコストをかけてでもサービスの開始前に本番同等の条件で試験を、時間をかけて実施することが重要なことなのでしょう。

コメント