NEC EXPRESS 5800/110Gdの最新BIOSが公開された

 最近、エントリーサーバーが驚くほど安く売られていますが、これらのキャンペーンで私もNEC EXPRESS 5800/110Gdを購入し使っています。

 3月下旬に行われていたキャンペーンで購入したのですが、現在も別のキャンペーンがNECの得選街で展開されています。

 そんな、NEC EXPRESS 5800/110Gdには、CORE 2 DUOを差し込んで使っているのですが、起動時にマイクロコードがアップデートできないというメッセージが出て、F1キーを押さないと起動プロセスが開始しないという状況になっています。

 これはBIOSが最新のCPUに対応していないためで、BIOSをアップデートしない限りは毎回F1キーを押さなければいけない状態でした。しかし、このサーバーのマザーボードはGIGABYTEの製品が使われているにもかかわらず、BIOSのアップデート版は公開されていません。

 NEC用に専用に作成しているマザーボードでNECから最新のBIOSが公開されない限りはダメだと半ば諦めていました。

 しかし、某掲示板を見ていると、近々、NECから最新のBIOSが公開されるらしいという書き込みがあり、それ以来、いつ公開されるものかと待ち続けていると、とうとう6月8日付けで公開されました。下記のページで公開されています。

 ★ダウンロード


 今回、日本電気から公開されたBIOSのアップデート内容は下記の通りです。

【強化内容】
この「Express5800/110Gd, 110Gd-S, 110Gc-C システムBIOSアップデートモジュール」 は、以下の機能強化に対応したシステムBIOSです。
* デュアルコアIntel(R)Xeon(R)プロセッサー 3000番台の重要なマイクロコード更新
* PCI ExpressのスロットにBridge付きPCIカードを実装すると、BIOSのSETUPにて該当するスロットの Option ROM設定をDisabledに設定しても、OptionROM 展開してしまう問題を修正
以下が対象のBridge付きPCI Expressカードです。
N8103-101 ディスクアレイコントローラ(SATA2)
N8103-103 ディスクアレイコントローラ(SATA2)
【対象装置】
対象装置の機種とBIOSバージョンは以下の通りです。
* 対象となる機種 
1.Express5800/110Gd
N8100-1179Y, 1180Y, 1181Y
NP8100-1179YP1Y, 1179YP2Y, 1180YP1Y, 1180YP2Y, 1180YP4Y, 1180YP5Y, 1180YP6Y, 1180YP7Y, 1180YP8Y, 1180YP9Y, 1180YPAY, 1180YPBY, 1181YP1Y, 1181YP2Y, 1181YP3Y, 1181YP4Y
2.Express5800/110Gd-S
N8100-1282Y, -1283Y
NP8100-1282YP1Y, -1282YP2Y, -1282YP3Y, -1282YP4Y, -1282YP5Y, -1282YP6Y, -1282YP7Y
3.Express5800/110Gc-C
N8100-1284Y, -1285Y
NP8100-1284YP1Y, -1284YP2Y, -1284YP3Y, -1284YP4Y
* 対象となるBIOSバージョン
Phoenix cME(tm) TrustedCore(tm) Server Release 1.0.0017, 1.0.0019, 1.0.0020, 1.0.0021

 マイクロコードの更新内容については下記の通りです。

■ マイクロコード更新内容
本マイクロコードの更新は、以下のインテルプロセッサーの問題に対する修正です。
1. L1キャッシュのマージン不足によるシステムストール
2. 不適切なTLB処理によるシステムストールなどの予期せぬ動作
※ 対象となるプロセッサは以下の通りです。
* デュアルコアIntel(R)Xeon(R)プロセッサー 3000番台
* クアッドコアIntel(R)Xeon(R)プロセッサー 3200番台
* デュアルコアIntel(R)Xeon(R)プロセッサー 5100番台
* クアッドコアIntel(R)Xeon(R)プロセッサー 5300番台
※ これらの問題はExpress5800シリーズに起因するものではありません。対象となるインテルプロセッサー搭載製品全てに共通の問題です。インテル社では以下のドキュメントにて情報を公開しております。
* Dual-Core Intel Xeon 3000 and Quad-Core Intel Xeon 3200 Series
* Dual-Core Intel Xeon 5100 and Quad-Core Intel Xeon 5300 Series
■マイクロコード更新を含むBIOSへアップデートすることにより、このインテルプロセッサの問題発生を回避することができます。これらの問題が発生することは極めてまれですが、BIOSをアップデートすることをお勧めいたします。

 そして、実際にbiosのアップデート作業を実施してみました。WINDOWS版とDOS版の二つが公開されていますが、今回はWINDOWS版でアップデートをしてみます。WINDOWS版のファイルをダウンロードして起動をかけると、すべてのアプリケーションを終了させるように指示されます。そこで、タスクバーに表示されているアプリケーションを一つずつ終了させていきました。

 次のプロセスに入ると、BIOSを1ブロック目から順番に書き込んでいっている様子がわかります。このときに電源が切れたりすると、もうパソコンが立ち上がらなくなってしまうおそれがあるので、キーボードからも手を離して、冷静になりながらBIOSの更新が終わるのを待ちます。

 そして全ブロックの更新が終わったところで、再起動を促すメッセージが出てきたため、パソコンを再起動してみました。すると、今度は再起動のところで、「ピッピッピ」という音が鳴らなくなりました。新しいBIOSは私が使っているCORE 2 DUOにもきちんと対応してくれていたようです。これで唯一不満だった部分も解消されてパソコンとして十分に使用できるようになりました。何となく、下記のキャンペーンでもう一台、ほしくなってきてしまいました。

(2008/09/25追記)

 現時点では下記の機種がNTT-Xストアで安売りされていますので紹介しておきます。この追記を書いている時点では送料無料で10980円という信じられない値段になっていました。普通であればケースしか購入できないような値段ですが、きちんとマザーボードや光学ドライブ、CPU、ハードディスクが付いてくるのでサーバーやパソコンとして動作します。

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
コンピューター
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント

  1. NEC EXPRESS 5800/110Gdが安い

     NTT-XストアでNECのエントリーサーバー、EXPRESS5800/110Gdが安いです。私もこのサーバーを購入して、自分のメインのパソコンとして使用…

  2. NEC EXPPRESS 5800/110Gdで使用するCPU

     明日には下記の記事で紹介したNECのエントリーサーバー、EXPRESS 5800/110Gdが到着する予定です。  ★NECの激安なサーバーを購入してみ…