フレッツ光で地デジが見られるようになった

インターネット

TVを見る犬

 昨日、会社から家に帰ってみると、NTT東日本からダイレクトメールが届いていました。いったい、何の宣伝だろうと封筒を開けてみると、フレッツ光を使用しているユーザーに送付しているようです。

このフレッツ光と合わせて「スカパー!光」を導入することにより、スカパー!の色々なチャンネルが見られるようになるほか、地上デジタル放送やBSデジタル放送までもが見られるようになるようです。従来、通信と放送については放送業界の強い反対もあってなかなか融合が進んでいないといった話しを聞いたことがあるのですが、インターネット経由ですでに通常のテレビ放送が見られるようになっていることは知りませんでした。

 興味があるので同封されているパンフレットを詳しく読んでみます。まず少し残念だったことは、テレビが地デジ対応でなければ地上デジタル放送を見ることができません。最初に封筒を見たときには、インターネットから引き込んできた回線をSTBなどに接続すれば普通のテレビでも地デジが見られるものと思っていました。地デジ対応機器が必要ということはアンテナ設置工事が不要となるところのみがメリットになるようです。


 このサービスをゼロから導入しようとすると、初期費用としてはフレッツ光の回線工事費が20790円、スカパー!光のサービス加入料が2940円です。各種キャンペーンを使用するとフレッツ光の回線工事費は無料になる場合もあるので確認してみると良いと思います。

 毎月かかる料金としてはいくつかのコースがあります。

★月額1985円~:地上アナログ、地上デジタル、BSアナログ、BSデジタル、FMラジオ、CS無料チャンネル(15チャンネル)
★月額3990円~:月額1985円のコースにプラスしてスカパー!光CSデジタルチャンネル50ch
★月額4590円~:月額1985円のコースにプラスしてスカパー!光CSデジタルチャンネル68ch

 一番安いコースでは月額1985円、このコースはUHFアンテナやBS・CSパラボラアンテナを立てることさえ出来れば無料で見ることができる番組だけのコースということになります。何らかの事情でアンテナを立てることができない場合には有効なコースだと思います。

 スカパー!光を使って関東エリアの場合に見ることができるテレビ放送は下記の通りです。関東圏でアンテナを使って見ることができる放送局はそのまま見ることができるようです。

■地上アナログ・BSアナログ等

1ch NHK総合 地上アナログ
3ch NHK教育 地上アナログ
4ch 日本テレビ 地上アナログ
5ch NHK衛星第1 BSアナログ
6ch TBSテレビ 地上アナログ
8ch フジテレビ 地上アナログ
9ch NHK衛星第2 BSアナログ
10ch テレビ朝日 地上アナログ
11ch QVC(キュー・ヴィー・シー) ショッピングch.
12ch テレビ東京 地上アナログ
14ch TOKYO MX 地上アナログ
15ch tvk(神奈川県のみ配信)
チバテレビ(千葉県のみ配信)
テレ玉(埼玉県のみ配信) 地上アナログ
16ch 放送大学

■地上デジタル

1 NHK総合
2 NHK教育
3 tvk(神奈川県のみ配信)
チバテレビ(千葉県のみ配信)
テレ玉(埼玉県のみ配信)
4 日本テレビ
5 テレビ朝日
6 TBSテレビ
7 テレビ東京
8 フジテレビ
9 TOKYO MX
12 放送大学

■BSデジタル

1 NHK衛星第1
2 NHK衛星第2
3 NHKハイビジョン
4 BS日テレ
5 BS朝日
6 BS-i
7 BSジャパン
8 BSフジ
9 デジタルWOWOW ★
10 スター・チャンネルBS ★

 スカパー!光以外で、地デジなどを視聴することができるサービスはあるのか、調べてみました。

 ★BBTV (ブロードバンドケーブルTV BBTV
 →CSチャンネルは見られるようですが、地デジなどを見るサービスは提供していないようです。
 ★4THMEDIA (多チャンネル放送・ビデオオンデマンドの[4th MEDIA(フォースメディア)])
 →こちらも地デジを見るサービスはなさそうです。
 ★ひかりONEテレビサービス
 →こちらにも地デジを見るサービスは無いようです。

 やはり今のところは地デジの放送をネットで配信するサービスはそんなに一般的ではないようです。しかし、これからは各家庭にも光回線がもっと引き込まれるようになり、通信と放送の融合が進むものと思います。双方向通信の特性をいかしたもっと新しい放送の形態も発展するはずですし、もしかすると、各家庭にアンテナを設置すること自体、時代遅れになるとも思います。今後、色々な会社がブロードバンド回線を使用した放送サービスを提供するようになれば、料金も安くなっていくはずなので、今後の動きが気になる分野です。

【2009/06/22追記】

 その後、NTTでは「フレッツテレビ」というサービスを始めています。このサービスに加入すると、やはりアンテナを立てることなく、地上デジタルや地上アナログ放送、そしてBSデジタルとBSアナログ放送を見ることが出来るようになります。しかも、毎月の使用料金がフレッツ光の月額使用料のほかに682.5円とかなり安価になっています。私が入っているケーブルテレビでは、ほぼ同条件の契約でも2000円程度の料金がかかりますので、フレッツ光に加入している私にとって見れば、フレッツテレビの方がお得な感じがします。

 光ファイバーの引き込みは2階になっているのですが、分配機は1階の風呂場の上にあるので、宅内工事が多少必要になりますので、初期投資は必要ですが、それでも魅力的な感じがします。もう少し勉強してみたいと思います。

コメント

  1. 通りすがり より:

    スカパー!光は別にインターネットで
    テレビを見ている訳ではないですよ。
    映像信号を多重しているだけです。
    IPと映像信号の違いを理解しましょうね。

  2. lotus より:

    こんにちは!
    ひかりテレビですが、光回線が「フレッツ・ひかり・ネクスト」タイプであれば、今お持ちのテレビで「地デジ」が見られますよ!
    ただ、エリアが限られているようですが、順次拡大中だそうです!
    うちの超アナログブラウン管テレビでも、アンテナ、チューナーなしで、地デジが観られています。

  3. フレッツ光に加入するだけで、なんとパソコンが100円でGETできますよ!
    どれも一流メーカーの優良PCばかりなので安心です!
    しかも、すでに光に加入されている方はプロバイダ変更するだけでOK!です。