WordPressの記事にタグを付けるにはどうするか

ブログ・WORDPRESS

wordpress

 相変わらず、こちら(臨機応変?(WP版))のサイトでWordPressを使ったブログの構築を進めています。ブログシステムの思想が直感的にわかりやすいので、特にそうさに関して困るところはありません。

 色々なプラグインを導入しようとすると、日本語の解説記事がまだ少ないところが唯一の欠点だと思います。日本語の環境では今まではMovableTypeで構築されたサイトの方が圧倒的に多かったので、WordPressに関する情報が少ないのは仕方が無いことだと思います。今回はWordPressで個別の記事にタグを付けてみました。

■タグとは?

 MovableTypeでは現在配布されているバージョンでは「タグ」の機能がすでに標準で付いています。このタグというのは、記事の内容を表すキーワードを数個、自分で選んで付けておいて、同じタグの付いた記事を集めて、「関連する記事」を表示したりするために使います。


■WordPressでタグを付ける方法

 WordPressではこのタグの機能はいったいどうなっているのか判らなかったので調べたところ、プラグインを追加することでタグが使えるようになるようです。このタグの機能を実現するプラグインの中では「simple tagging」という名前のプラグインがもっとも使いやすいようです。

 このプラグインを追加するだけで、記事を投稿するときにタグを投稿できるようになるほか、記事そのものにタグを表示したり、関連する記事を表示したり、またタグクラウド(tag cloud)を作ったりすることもできるようになります。

 このタグクラウドというのはおもしろい機能で、よく使われているタグの文字サイズは大きく表示して、あまり使われていないタグの文字サイズは小さく表示します。そこで視覚的にそのブログではどんな話題が扱われているかを一発で判るようにすることができます。こんなことが、専用の構文で簡単に対応することができます。

■テンプレートはどこを直すか?

 ムーバブルタイプばかりを使用していて、ワードプレスに関しては全くの初心者だったので、いったいどのテンプレートを直せば、個別記事にタグや関連記事を表示できるようになるのか最初は判りませんでした。しかし、試行錯誤を繰り返していくうちに、index.phpを修正すれば表示されることが判りました。タグの一覧は記事の中でも上の方、そして関連する記事の一覧については記事の中でも一番後ろの方に表示させるようにしてみました。

■Simple Taggingの在りか

 このプラグインは下記のサイトで配布されています。

  ★Simple Tagging Plugin ― Software Guide

 また、日本語での解説記事は下記のサイトがもっとも参考になりました。

  ★WordPress用、タグ付けプラグイン:Simple Tagging | 創造マラソン

 すでにこの(臨機応変?(WP版))ブログでもタグ機能を実装してみましたので、確認してみてください。

コメント