「コロちゃんのコロッケ屋」のコロちゃんが倒産

金融・株・トレード

コロッケ

 1996年にコロッケ屋をはじめて、2000年からはフランチャイズ展開を始めた「コロちゃんのコロッケ屋」で有名なコロちゃんが13日に名古屋地裁へ自己破産申請をしたそうです。

 2002年には国内外あわせて700店舗のチェーンを展開していました。また、もっとも売れていた時期は2003年の3月期で売り上げは37億5000万円を記録していたといいますからスゴイ売り上げです。


 私もこの時期、当時住んでいたところの近くに開店したコロちゃんコロッケのお店で、よく一個50円のコロッケを買って食べていました。美味しいコロッケだとは思いましたが、コロッケ専業の商売であそこまで商売を拡大出来たのはこれはこれでスゴイことだと思います。2003年の記事があります(コロちゃん株式会社)がここを見ると、やはり会社が一番元気だった頃だったことが判ります。

 しかし、その後はコンビニエンスストアや外食産業との戦いが激しくなっていて、売り上げが低迷してしまい資金繰りがつかなくなったことが今回の自己破産申請の原因です。

 公式サイトへ行ってみると、既にアクセスができない状態になっていました。また、楽天市場に出店しているお店の方は「改装中」の表示に変わっています。(こちら→コロちゃんのコロッケ屋!楽天店)

 まだ、Wikipediaにも破産したことに関する情報は書き込まれていませんでした。(コロちゃんのコロッケ屋! – Wikipedia)2007年にはアメリカのニューヨークに進出予定という情報もWikipediaからは見られます。

 現時点、50の直営店と200のフランチャイズ店があるようですが、そのうち一部は既に営業を停止しています。あのコロッケ、もう食べられなくなってしまうのでしょうか。

コメント