株式を2/3くらい売却した

金融・株・トレード

東証

 ライブドアショック以来、塩漬け状態だったり買い増したりしていた新興市場株が、ここ数週間でずいぶん値を上げたので一気に売却してしまいました。

 楽天市場については6万円を超えたとき、ヤフーについても楽天市場の株を売却するときに一緒に売ってしまいました。


 また、ほかにも急速に株価を上げてきた、TSUTAYAを運営しているカルチュアコンビニエンスクラブやアフィリエイトをやっているバリューコマース、USENなども売ってしまい、あとは残っているのはセブンイレブンやイオンといった流通系の株式、そして何だか全く値を戻す気配がない量販店のノジマ、カシオ、そしてサンリオ、その他、数社の株式程度になってしまいました。

 サブプライムローン問題などもあり、東証株価指数はあまり安定していませんが、また、適切な時期を見計らって、投資を再開したいと思います。

【2012/10/30追記】

 この記事を書いてから5年が経過しましたが、いまだに日経平均株価は非常に低迷しています。現時点は9000円を割った付近で展開しています。少子化に伴う影響で日本の経済はどんどん縮小均衡の道を歩み続けているように見えます。

 また、家電をはじめとして日本のお家芸とも言えるようなものも低調な状況です。これから日本経済回復の兆しはなかなか見えてきませんが、これから先、いつまでもこのような状況が続くことだけは無いと思うのですが、いつ底から抜け出すことが出来るのかだけが今後の関心事です。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
スポンサーリンク
臨機応変?

コメント