浜崎あゆみ BEST of COUNTDOWN LIVE 2006-2007を見た

映画・音楽

浜崎あゆみ

 土曜日の夜にはWOWOWで放送されたa-nation’07を見たばかりなのですが、日曜日の夕方には浜崎あゆみのカウントダウンライブがBS-iで放送されるので、これを見ました。

 2006年12月31日に国立代々木競技場第一体育館で開催されたイベントです。

 今回、放送が予定されているのは、BS-iの公式サイトによれば下記の16曲です。

♪「ourselves」
♪「Fly high」
♪「Beautiful Fighters」
♪「NEVER EVER」
♪「A Song for ××」
♪「No way to say」
♪「Free & Easy」
♪「evolution」
♪「flower garden」
♪「until that Day・・・」
♪「AUDIENCE」
♪「Boys & Girls」
♪「Trauma」
♪「independent」
♪「Humming7/4」
♪「BLUE BIRD」


 こちら(【浜崎あゆみ】カウントダウンライブ初日(ネタバレあり) – ゆーこ☆の音楽にっき – Yahoo!ブログ)によれば、当日演奏された曲は17曲だったようなので、ほとんどが放送されたことになります。

 最近の曲や懐かしい曲を織り交ぜての演奏で、あまり最近の浜崎あゆみの曲を知らない私でも楽しむことができました。

 舞台の演出は派手で、たとえば♪「A Song for ××」では人が飛び回ったりもします。以前、松任谷由実がやっていた、シャングリラのような感じもします。

 舞台の中央背面に大きなスクリーンがあり、イメージ映像や舞台の上の映像などが流れ、こちらも有効に利用されていました。

 「Boys&Girls」ではステージの前側1列に噴水が出現します。この噴水、ちょろちょろと上がるだけなのかと思えば、かなり高くまで上がっています。5メートルくらいの高さでしょうか。また、高さの調整も噴水のノズルごとに調整できるようで、音楽に合わせてかなり柔軟に操られていました。

 ここでいったん終了、ここからはアンコールになります。でも、これを見ていると、アンコールの位置づけも完全に変わってしまったような感じもします。イベント主催側がアンコールを強制しているとも思えるような演出ですね。Aのマークがスクリーンに映りながら、色々と返信しつつ手拍子を求めています。

 ここから、「Trauma」、「independent」、「Humming7/4」、「BLUE BIRD」と流れていきました。最後のBLUE BIRDは良い曲だと思います。今年のAVEXの株主優待で貰ったCDにも収録されていましたが、聞き込んでいました。

 今回のBS-iの放送、無料放送であるにもかかわらず素晴らしい番組でした。

コメント