映画「銀河鉄道999」を見た

銀河鉄道999

 楽天レンタルの予約リストの中に入れていた映画「銀河鉄道999」のDVDが今日自宅に届けられました。この映画、すごく小さい頃に新潟の映画館で見た記憶があります。

 でも、既にどんなストーリーだったかは忘れてしまったので、この機会に借りて見ることにしました。


 星野鉄郎、メーテル、車掌さん、何だか映画を見ているうちに何だかストーリーを思い出してきました。銀河鉄道999の列車に乗って、機械の身体をくれる星まで少年が旅立つ物語です。

 ネットでこの映画のことを調べてみると、1979年の公開だそうです。今からもう30年前の映画です。途中で止まる各星での銀河鉄道999の停車時間は、その星の自転周期、タイタンという星では地球時間にして16日間も止まっています。

 各星では「規則とは何か」、「命とは何か」、「男の子とは何か」等、色々と考えさせられる場面があります。最近のアニメーションでは、このような作品は少なくなってきたのではないでしょうか。

 映画ではタイタンの次には冥王星に止まります。この映画が公開された当時は冥王星は惑星の一つでしたが、今では冥王星は惑星の仲間から外されていました。銀河鉄道999によれば、この冥王星は迷いの星なのだそうです。

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
映画・音楽
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント