NTTドコモの国内携帯電話の番号と同じ番号が中国でも使える(ワールドウイング)

旅行・ドライブ

ドコモ

 NTTドコモのワールドウイングというサービスをご存知でしょうか。このサービス、なかなかの優れものだったので紹介しておくことにしました。海外旅行前にこのサービスに申し込むと成田空港で中国で使用することができる携帯電話をレンタルすることができます。そして、この携帯電話は日本国内で使用している電話番号と同じ番号が使用することができるのです。

 中国用に貸してもらえる携帯電話は日本国内では使用することができません。したがって、成田空港に滞在中は日本で使用している携帯電話を使用します。そして飛行機に搭乗したら日本で使っていた携帯電話の電源を切ります。

 その携帯電話の中に入っているFOMAカードをおもむろに取り出し、先ほどレンタルした中国で使用できる携帯電話の中にFOMAカードを入れます。飛行機の中でFOMAカードを取り出したときになくさないように最大限の注意が必要です。


 このFOMAカードはかなり小さいので無くなったら厄介なことになります。そして中国に着いたらレンタルした携帯電話の電源を入れてしばらく待っていると使えるようになります。しかも、国内で使っている電話番号と同じ電話番号が使えるというのが味噌です。

 しかし、電話帳の設定などについては引き継ぐことができません。(容量は小さいですがFOMAカードの中に電話帳を入れておけば引き継げるのかもしれません)

 そこで、赤外線通信機能を使って日本の携帯電話からレンタルしたワールドウイングの携帯電話に電話帳を引き継ぎます。これでほぼ困ることはなくなるはずです。中国から日本に電話を発信するときには自動的に日本の国番号を追加してくれる機能があるので、まるで日本国内にいるときと同じような感覚で使用することができます。

 本当は日本国内で使用している携帯電話がそのままで中国で使用できると素晴らしいと思うのですが、このワールドウイングで携帯電話をレンタルするという方法についても十分に実用になるのでお勧めします。

 ちなみにレンタルした携帯電話には充電器やACプラグアダプター、バッテリーなどがセットになっています。中国ではACアダプタの形状がいろいろあるようなのですが、今回借りたアダプターは泊まったホテルでしっかりと対応してくれていました。

 また、海外に行く機会があったら、NTTドコモのワールドウイングをまたぜひ使用したいと思います。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
スポンサーリンク
臨機応変?

コメント