ipod Touchが欲しくなってきた

ipod touch-2

 appleのipod Touchがいまさらながらに欲しくなってしまいました。ほしくなってしまった理由は、先日、無線LANサービスのワイヤレスゲートに加入したためです。このワイヤレスゲートに加入したのは良いのですが、なかなか使う機会を作ることができません。その原因はただひとつ、持っているモバイルパソコンをなかなか持ち歩く気になれないためです。

 持っているノートパソコンはLENOVO(元IBM)のTHINKPAD X40というB5モバイル機です。ノートパソコンの中では確かに小さめで持ち歩くのにはもってこいのはずなのですが、やはり1Kgもあると何だか持ち歩くのが面倒くさくなってしまいます。

 また、たとえ持ち歩いたとしても、立ち上げるのが面倒くさいです。スタンバイモードにしておけば立ち上げ時間は許容時間内にはなりますが、持ち歩いている時間中も何だかバッテリーが消費されている感じがして、あまり気持ちが良いものではありません。

 また、ネットで情報を見たいと思うときは、アクセスポイントの近くのテーブルのあるところで座りながらアクセスできる環境にいることもほとんどありません。たいていの場合は、立っているときにアクセスしてしまったり、ちょこっとよっかかりながらアクセスすることが多々あります。

 そんなとき、やはりノートパソコンでは広げて起動するのが面倒くさいのです。

 先日、ヨドバシカメラの店内で福袋を見ているときに、工電舎のモバイルノートパソコンが5万円で売られていました。従来から、モバイルノートパソコンには目が無いので、こんな商品を見たら即断即決で購入しているはずなのですが、何だかこのときは、そんな意欲が出てきませんでした。やはり、使用する場面がそんなに無いと思ってしまったためです。


 それでは、どんなデバイスを準備すればモバイル環境でインターネットアクセスをするようになるでしょうか。まず、第一に考えられるのは、携帯電話です。iモード端末があればグーグルなどを介して一般のサイトも閲覧することができますので、ほとんど不便はありません。現在は急にネットで情報を見たくなったら、ほとんどこの方法で情報を入手しています。

 しかし、この方法の難点は何といっても通信料が発生してしまうことです。最近では定額プランも充実してきたので、そんなに従量制課金に対してびくびくする必要はなくなりましたが、それでも定額料金はかなり高額です。

 また、アクセス速度もそんなに速くありません。容量の大きなコンテンツにアクセスすると、ちょっと待たされてしまいイライラします。携帯電話端末の液晶モニタが小さいのも不満の一つです。もうひとつ、バッテリーが長持ちしないのも悩みです。ネット通信でバッテリーを使い切ってしまうと肝心の電話をすることができなくなってしまいます。

 次に考えられるのは、ゲーム端末を使用する方法です。SONYのPSPなどはポータブルゲーム端末ではありますが、ブラウザが付属しています。もちろん、無線LANを通してアクセスポイントに接続する機能もあります。実はこの方法はかなり近道ではないかと思っていました。

 液晶画面も大きいですし、無線LAN対応なのでワイヤレスゲートなどのサービスに入っていればそのほかに特別な料金が発生しません。そして、バッテリーのもちも比較的良いです。まずはテストということで、長男が持っているPSPを借りてきて、Yahoo!にアクセスしてみました。

 ここで、信じられないことに気がつきました。遅いのです。Yahoo!にアクセスしたときは画面に最初の表示が現れるまでも遅かったですし、また表示が終わるまでに、かなりの時間を要してしまいました。正直言って、常用できるスピードではありません。任天堂DSの場合はPSPよりは速度はまともらしいのですが、あまり液晶の大きさが大きくないという難点があります。あれだけ高性能なPSPがどうしてこんなにネットブラウジングに時間がかかるのか不思議なところです。

 ほかにもっと手軽な方法は無いものかと、ネットで情報を探していたときに見つけたのが、iPod Touchによるアクセスです。この端末は本来はミュージックプレーヤーではあるのですが、きちんと無線LANへのアクセス機能やブラウザが搭載されています。そしてネットで情報を探している限りは、かなり快適なネットブラウジングができそうです。SAFARIというブラウザが搭載されているそうです。

 今まで、私自身はappleの環境を使ってきたことが無いので、今回、このブラウザははじめて使うことになります。またネットで情報を読んでいると、その独特なタッチ操作は非常に自然な操作感で対応できるようです。公式サイトに行くと少しだけ体感することができるので、実際に触ってみました。確かにおもしろい操作性です。

 ネットで値段を調べてみると、16GBメモリ内蔵タイプが4万円台、そして8GBメモリ搭載タイプが3万円台になっていました。この機種は後からメモリの増設をするということができないようなので、あとで後悔しないように16GBメモリ搭載タイプに照準を定めます。どこのお店が安いのかと、いろいろと探してみました。楽天市場の「いーでじ」というお店がかなり値段が安いです。

 しかし、「いーでじ」の商品レビューのコーナーを見てみると、商品が届けられるのにかなりの時間が必要になっているようなので、ほかのお店も探してみることにしました。

 ☆いーでじ iPod Touch 16GB商品レビュー

 ほかにも楽天市場では値段の安いお店がたくさんあります。しかし、今回は高い買い物になるということもあり、あまり家族に目立たないように購入したいという気持ちがあったので、できれば「イーバンク銀行」決済があるところがベターです。そんなお店を探しているうちに、結局はアマゾンにたどり着きました。アマゾンでは5%引きで売っているときと10%引きで売っているときとがあるようなのですが、私が行った時にはたまたま10%引きの価格になっていました。

 ということで、さきほど、アマゾンでポチッと押してしまいました。本当は「お急ぎ便」にしたかったのですが、銀行振り込みの場合にはお急ぎ便を使用することが出来ないようです。決済に時間がかかってしまうためでしょうか。

 購入すると、すぐに入金のご案内通知が来たので、そのままイーバンク銀行から振り込みの手続きを実施しました。在庫有りの表示になっていますので、明日にでも発送手続きが行われるように思うのですが、お正月期間なので、どうなるか今ひとつ自信が持てません。早くマシンをさわってみたいことも事実なので、いつ発送の手続きが行われるのか状況を見ています。

(2008/01/03追記)

 iPod Touchが無事に届きました。こちらのページ(iPod Touchが届いた)にレポートを書きましたので、よろしければご覧ください。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
インターネット
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント