オーディオテクニカからUSB接続のレコードプレーヤー

AT-LP2D-USB

 オーディオ製品のアクセサリーなどを販売しているオーディオテクニカ社からUSB端子に接続ができるレコードプレーヤー「AT-LP2D-USB」がアメリカでまもなく発売されるそうです。

 従来はレコードプレーヤーというとアナログ機器の代表格といった感じで、パソコンに接続するような商品はあまり聞いたことがありませんでした。

 もしもLPレコードを録音するとすれば、レコードプレーヤーからの音声出力をフォノイコライザーに入力して、フォノイコライザーの出力をパソコンのサウンドボードの音声入力に接続、その上でパソコンで録音ソフトを立ち上げてライン入力からの信号をデジタル化するという手順が必要になります。

 しかし、この商品を購入すればレコードプレーヤーから出ているUSBケーブルをパソコンに接続するだけなので本当に簡単です。また、LPレコードの音源をデジタル化することに特化したソフトウエアが付属しているところも売りだと思います。


 楽天市場でこのほかに商品があるか調べてみると、オーディオテクニカ社以外でも同じ主旨の製品が売っていました。

アナログ・レコードの音源をiTunesやWMPなどの音楽再生ソフトで楽しむことが簡単にできる。
iTTUSB05はコンピューター経由でアナログ・レコードの音源をデジタル化しCDや携帯メディアプレイヤーに取り込む作業をより簡単にするツールです。もちろん通常のアナログ・レコード・プレーヤーとしてもお使いいただけます。
フリー・ソフトウェアAudacity (Windows XP/Mac OS 10.2以降対応)が同梱されており、取込んだ音の無音部分をカットしたり、クリック・ノイズやその他のノイズを取除く事ができます。

TTUSBターンテーブルは、アナログレコードのコレクションをデジタル化しコンピューターに取り込むができます。 (Windows/Mac プラグ・アンド・プレイに対応)ステレオバランスを調整のためのアンチ・スケーティング,33/45回転再生,可変幅±10%のピッチコントロールを搭載。また、1/8ステレオ・ミニジャックの入力端子は、カセットテープ内の音源を容易に転送可能にします。 Numark TTUSBはレコードやカセットテープ等のアナログメディアを、デジタル化するのに大変便利なツールであり、Audacityのソフトウェア (PC/Mac対応)が製品本体に同梱されており、クリック音やその他のノイズを取除く事もできます。 TTUSBはコンピューター経由でアナログメディアをデジタル化しCDや携帯メディアプレイヤーに取り込む作業をより簡単にするツールです。

 USB接続ができるというのはとても良いアイディアだと思います。

 これらのオーディオテクニカ社以外の製品についても、LPレコードを再生しパソコンに録音していくためのソフトウエアも付属しているようです。昔買い求めたLPレコードをデジタル化して保存しておくことが同様にできるようです。

 現時点ではなぜか日本での発売予定は無いようなのですが、ぜひ発売して欲しい製品です。

 ★ いい音は聞いておけ : 日本で発売していないUSBターンテーブル。

【2012/09/02追記】

 レコードプレーヤーにSDメモリスロットやUSBメモリに録音した音楽をそのまま保存することが出来る製品が発売されています。今まで取り扱いが不便であったLPレコードやシングルレコードが簡単にデジタル化できるので、とても便利だと思います。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スマホ・タブレット・AV
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント