トモエ乳業の工場見学

スーパーマーケットの募集に応募したら当たったらしく、茨城県の古河市にあるトモエ乳業の工場見学に行ってきました。9時20分頃に新宿駅まで出たらちょうど湘南新宿ラインの宇都宮行きが来たので、これに乗って古河駅まで直行です。そこからタクシーに乗って10分程度で工場に着きました。

080209_134559.JPG
080209_134611.JPG

正面玄関から建物の方に向かっていくと、途中には置物の牛がたくさん置いてありました。また、建物の玄関横には石灯籠や中国の置物など、何だか色々なものが飾られています。社長さんのコレクションでしょうか。


入り口から工場の建物の中にはいると驚くのは、飛行機が展示されていることです。入り口ロビーは吹き抜けになっているのですが、上を見上げると飛行機がつり下げられています。

080209_133224.JPG

飛行機の下には、「牛」がいます。

080209_120745.JPG

関連企業に「つくば」の飛行機会社があるようです。また、同じロビーにはいくつものテレビ映像が映っているスタジオみたいなところがあるのですが、やはり「トモエ乳業」の関連企業にはケーブルテレビ局があるのだそうです。

080209_120733.JPG

最初に3階の宴会場?のようなホールに通されて、工場とスーパーマーケットから挨拶があり、それからビデオで20分弱の会社案内、そして工場の見学という段取りになります。工場の見学は全て廊下にある窓から見学する形になります。3階と2階から工場の中を見ることができます。工場の中は全てオートメーション化されていて、機械ばかりが並んでいて近代的な工場という雰囲気で、ここで牛乳が殺菌されてパック詰めされているようにはあまり思えません。また、コンピューターで設備の制御をするための集中制御室も窓から見えるようになっていました。各機器の運転や停止、そして洗浄の指示が全てこの制御室から実施することができるそうです。

そして1階には牛乳博物館があります。日本の中でも牛乳をテーマにした博物館は珍しいそうです。世界の「牛」にまつわる展示物が所狭しと並んでいます。トモエ乳業の社長さんが歩き集めたコレクションなのだそうです。この博物館にはカウベルも色々と展示されているのですが、開運!なんでも鑑定団で紹介されたこともあるそうです。

一通りの見学が終わったあと、また最初の大広間に戻り、お昼ご飯になりました。お弁当とトモエ乳業の乳製品(牛乳、コーヒー牛乳、ヨーグルト、プリン)の組み合わせでした。子どもには量が多かったですか、子どもが食べられなかった分は私が食べてしまったので、お腹いっぱいです。美味しいお昼ご飯でした。

080209_123014.JPG

このあと、トモエ乳業が50周年のときに公開された静御前の銅像を見せてくれました。工場からすぐ近くに思案橋というところがあるのですが、そのそばにたっています。銅像の横には歌の再生機があります。人が近づくとセンサーが反応して歌が流れる仕組みになっています。除幕式をやった日にはちょっとセンサーの感度が良すぎて、道路を車が通るだけで反応してしまっていたという話しをトモエ乳業の方がされていました。この再生機、どのような仕組みになっているのかな?と思い調べてみると、mp3の音源になっているようです。(ほげほげ ssk: トモヱ乳業50周年&静御前 除幕式)

080209_134350.JPG

静御前の像の見学が終わったら、また工場に戻り、今回は解散となりました。都心から近い乳業会社の工場の中でも規模が大きいところなので、見応えがありました。

所在地 古河市下辺見1955
電話 0280-32-1111
営業時間 9:00~12:00、13:00~16:00
休み 日曜日
予約 要予約
見学案内 あり
見学所要時間 約1時間
料金 無料
交通アクセス 電車:JR宇都宮線古河駅西口より、朝日バス境車庫行き思案橋下車、徒歩1分。
東武日光線新古河駅下車、タクシー10分。
車:東北道館林IC下車国道354号古河方面へ約30分。
また、久喜IC下車栗橋方面へ国道125号・4号・354号経由で約30分。

 

トモエ乳業株式会社|TOMOE MILK
トモエ乳業株式会社(本社:茨城県古河市)は、1956年に創業して以来、徹底した衛生管理のもと、牛乳・乳製品等をはじめ、安心・安全な商品をお届けしています。学校・食卓・職場など、様々なシーンでお客様の笑顔と元気を支えています。

コメント