武蔵境の「きら星」でらーめんを食べた

グルメ・ランチ・美味しいもの

 武蔵境駅のほど近くにあるラーメン店、「きら星」というお店をご存知でしょうか。らーめん屋さんの中では日本でも有名なお店のようで、たとえばNTV系列で放送された「本当に美味しいラーメンベスト30 」でも見事に3位に入賞しているお店です。今までお店の前を通りかかったことはあるのですが、お店の前には行列があったりして、今までここで食べたことはありませんでした。
080210_125751.JPG
 しかし、このままではいつまでたっても、このお店のラーメンを食べることができないので、今日は意を決してお店のほうに行ってみました。三連休の真ん中の日曜日、午後1時ごろにお店の前に到着しました。お店の前には10組程度のお客さんが行列しています。


 だいたい、いつもと同じか、やや行列が長い程度でしょうか。せっかくこのために来たので、今日は行列の一番後ろに並んでみました。お店の中からは、そんなに頻繁に食べ終わったお客さんが出てこないところから考えると、そんなにお店の中は広くないのでしょう。
080210_131309.JPG
 きら星の並びには総菜屋さんなどをやっていたらしいお店が並んでいますが、ほとんどのお店がシャッターを閉めてしまっています。きら星の東側には「境南堂」という古本屋さんがあり、こちらは営業していました。
 時間が経過すると、お客さんも徐々にお店の中から出てきて、並んでいるお客さんの列も徐々に前に進んでいきます。しかし、後ろを見ると、またお客さんが並んでいて、列の長さは常時そんなに変わることはなさそうです。
080210_131323.JPG
 外で20分強待ったところで、ようやくお店の中に入ることができました。お店に入ると、鰹節の香りが漂っています。ところが、お店の中にも3組ほどのお客さんが列を作っています。お店の中はカウンター席と2人用のテーブル席が2つありました。席は全部で20席弱のようです。
 入り口から入ってすぐ左側には自動券売機がありますので、ここで食券を購入します。私は大盛ラーメンを注文しました。普通のラーメンが650円で大盛ラーメンは700円でした。一緒に行った妻は、つけ麺を注文しました。こちらは750円で大盛つけ麺は800円になります。
080210_132028.JPG
 購入した食券はすぐにお店の人にわたして、また席があくのを待ちます。お店の中では10分ほど待ったところで、テーブル席があいて、こちらに案内されました。席に座ると、吉野家なみのスピードですぐに大盛ラーメンが運ばれてきました。待っている間に厨房では調理されていたのでしょう。らーめんには大きなチャーシューと茹でたキャベツがのっています。そしてキャベツの上には茶色いペースト状のものがのっていました。家に帰ってから調べてみると店主ご自慢の「かつお餡」なのだそうです。そして、ほどなくして、つけ麺も運ばれてきました。
080210_132929.JPG
 らーめんを食べてみると、確かに驚くほど「こってり」としています。信じられないほど濃厚な豚骨スープに魚介類の風味が加わったような感じでした。癖になりそうな味です。一方で麺の方は太目の麺で濃いスープがよく絡まります。しばらく食べたところで、今度はキャベツの上にのっている「かつお餡」をスープに絡めてみます。すると、かつお風味がいっそうに強化されて、雰囲気がまた変わってきます。
 ちなみに、つけ麺の方も写真に撮っておいたので紹介しておきます。麺の量がラーメンと比べてとても多いのが印象的でした。やはり、つゆはとても濃厚で、麺と絡んで美味しかったようです。
080210_133007.JPG
 らーめん「きら星」の場所ですが、武蔵境駅を南口の方向に下りて、数分程度歩いたところになります。文章ではなかなか伝わりにくいので、お店の場所を示した地図を掲載しておきます。


大きな地図で見る

きら星 [ ] – !グルメ

店舗情報をご覧になるには、JavaScriptの設定を有効にする必要があります(0001162071)。

Related posts

コメント