液晶のドット落ちが直るかもしれない?

コンピューター

TV

 液晶ディスプレイを持った商品を購入したとき、数個のドット落ち(常時消灯または常時点灯してしまっている画素)がある程度であれば正常品の範囲内なので初期不良交換の対象にならないとよくいわれています。

 私が今まで購入した液晶ディスプレイでは今のところはドット落ちを見つけたことはないのですが、この液晶のドット落ちを直すことができるかもしれない方法が話題になっています。

 この方法とは、チカチカと点滅を繰り返す、みていると目がおかしくなるようなGIF画像を、うまくドット落ちしたところにあてて、そのままの状態で1時間程度放置しておくと直るかもしれないとのことです。

 点滅を繰り返す信号をドット落ちした画素へ送り込むことによって刺激が与えられ活性化する場合があるようです。

 下記のサイトでチカチカとするGIF画像は配布されています。

 ★Fix dead pixel – Killdeadpixel.com

 英語の説明になっていますが、エキサイトの自動和訳で和訳すると下記のような感じになります。

単に上のグラフィックをドット落ちしている画素に引きずってください、そして、およそ1時間そこでそれを逗留してください。グラフィックは再び急速に変えさせることによって生きていた状態でドット落ちしている画素をマッサージし返そうとするでしょう。それが何回も働かせると報告されました。しかし、それはドット落ちしている画素それでも、すべての良いトライのために働いていません。1時間後に働いていないなら、およそ12時間下でフルスクリーンバージョンを使用して、試みてください。

 私自身はドット落ちした液晶を持っていないので試していませんが、液晶に対してはかなりのストレスがかかるものと思われます。逆に何らかの不具合が発生する可能性も否定できないので、使用するのにあたっては自己責任でお願いします。

Related posts

コメント