キユーピー「ディフェ」を使ってみた

シェアする

ディフェ

 「コレステロールを下げる」と商品のパッケージに堂々と印刷しているキューピーのディフェというマヨネーズを最近使っています。

 高脂血症一歩手前ということで、健康診断を受けると、保健士の人から問診で色々と指導を受けてしまう関係で、スポーツクラブへ行ったり、毎日、会社通勤の行き帰りに歩く量を増やして、1日当たり1万5000歩以上は歩くようにしたりと涙ぐましい努力をしてきたことで、中性脂肪値やγ-GTP値などは全て正常範囲内になったのですが、どうしてもコレステロール値(特に悪玉コレステロール値)の値が改善しません。

 このままだと、いつかは薬を服用しなければいけなくなってしまうようだと嫌なので、まずはキューピーディフェで何とかコレステロール値を下げることはできないかと、使い始めてみました。すでに普通のマヨネーズをキューピーのディフェに切り替えてから3ヶ月程度はたっていると思います。


キユーピー ディフェ 210g


 そして、先日、血液検査があったので、コレステロール値が下がったか、結果を楽しみに待っていたのですが、残念ながら、あまり改善されていませんでした。

 現在の使い方は主に1週間のうち2から3日程度、生野菜(特にレタス)にディフェをかけて、もりもりと食べるのが主な使い方です。この使い方がいけないのかと思い、ディフェの公式サイトを読んでみました。

 まず、1日の摂取量の目安は「1日当たり15g、目安として大さじ1杯分を摂取してください。」と書かれています。大さじ一杯ということは、だいたいはその程度の摂取量だと思います。多すぎることも少なすぎることも無さそうです。

 一週間のうち、何日くらい摂取すれば良いかという具体的な目安については、公式サイトには書かれていませんでした。普通のマヨネーズと比較すると値段が高いので、効果が出てこないのは少々納得ができないところもあるのですが、もう少し辛抱して使い続けて傾向を見ていこうと思っています。

データハウス
カベルナリア吉田(著)
発売日:2002-04
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:271786
おすすめ度:5.0
おすすめ度5 マニアックで楽しいマヨネーズ大百科だ!
スポンサーリンク