パイオニアがプラズマパネルの生産から撤退を検討

スマホ・タブレット・AV

パイオニア-プラズマTV

 パイオニアは自社でプラズマパネルを生産している国内で数少ないメーカーのひとつでしたが、このプラズマパネルの生産から撤退する方向で調整に入ったことが日経新聞で報じられました。

 プラズマテレビについては当初は液晶では実現しにくかった大画面テレビを比較的安価に実現できることで、大画面テレビに採用されることが多かったのですが、その後、液晶技術の進歩で、液晶の大画面テレビの製造コストが安くなり、大画面テレビの分野でも今や液晶テレビが当たり前になってきています。

 また、プラズマテレビでは動きの早い画面で画像が破綻しにくいという特徴もありましたが、こちらも液晶技術の進歩で克服されてきています。そんなこともあって、プラズマテレビを自社で生産していてもなかなか大量生産によるコスト削減に持っていくところまでいけず、苦労をしていたのではないかと思います。

 パイオニアの撤退によって、プラズマパネルの生産を続ける国内メーカーは松下と日立製作所の2社になってしまいます。パイオニアでは年内を目処に生産を停止する方向だそうです。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
スポンサーリンク
臨機応変?

コメント