「太宰治」文学サロンへ行った

太宰治文学サロン

 三鷹駅の近くに最近(2008年3月1日オープン)出来た「太宰治文学サロン」というところに行ってみました。太宰治の没後60周年にあたるため三鷹市の記念事業としてオープンしたそうです。

 太宰治は昭和14年(39歳)から三鷹市に住み、斜陽や人間失格などの代表的な作品を次々に執筆しました。文学サロンで貰った資料によれば、当時、太宰治が住んでいた家は畑が広がるなかに3軒ほど建てられた借家のうち西側の家で、6畳、4畳半、3畳に台所などが付いていて、家賃は24円だったそうです。6畳間に机を置いて書斎として3畳間で食事をしていたようです。

 この文学サロンがある場所自体も、「伊勢元酒店」という酒屋さんが営業していた場所で、太宰治自身もウイスキーを買うためにこの酒屋さんに来たことが作品に描かれているそうです。三鷹駅の南口から出て徒歩3分程度の場所にあります。駅前の道を南に真っ直ぐに行って、マクドナルドがあるところの十字路を「さくら通り」の方へ左に曲がり、少し歩いたところ、左手側にあります。

080316_110804.JPG

 少々判りにくい場所になるので、この記事の下の方に地図を掲載しておきます。

 文学サロンの入り口のガラス扉ですが、どう見ても、押すか引くかをすると開くドアにしか見えないのですが、実は左右に開くタイプのドアです。ちょっと判りにくいです。

 文学サロンの中に入ってみると、中はそんなに広いわけではありません。すでに4組程度のお客さんが熱心に展示物を見ていました。

 中に入って右手の壁には昭和20年代の三鷹市の航空写真が展示されています。ここには当時の太宰治のほか三木露風や武者小路実篤の家の場所が表示されています。三鷹市も今では住宅街が広がっていますが、この当時はかなりの部分が畑だったことが判ります。さくら通りはこの当時は川が流れていたことが判ります。品川用水が流れたいたそうです。そして、当時の町並みの写真や三鷹駅の駅舎の写真などが一緒に展示されています。

 また、文学サロンの奥の方には銀座のバー「ルパン」のカウンターが再現されています。そのカウンターの横には太宰治が使用していた火鉢が展示されています。

 ほかには三鷹・太宰治マップというものが展示されています。玉鹿石、みたか井心亭、旧宅跡、旧連雀湯、禅林寺、陸橋(三鷹電車区横の跨線橋)、三鷹駅前郵便局、うなぎ若松屋跡、美登利家鮨跡、太宰横町、野川家跡、千草跡など、太宰治ゆかりの場所が判るようになっています。この地図はパンフレットにもなっていて、持ち帰ることも出来ました。

 太宰治文学サロン場所が判るように地図を掲載しておきます。


大きな地図で見る

●会場 下連雀3-16-14 グランジャルダン三鷹1階
●開館時間 午前10時~午後5時30分
●休館日 月曜日 (月曜日が休日の場合は開館し、翌日と翌々日を休館)

【2015/06/14追記】

荻窪駅の近くにも太宰治が一時期下宿(1936年11月から7ヶ月間)していた建物「碧雲荘」が残っているそうです。ただ、こちらの施設が取り壊しの危機に瀕しているという報道がありました。すでに太宰が下宿してから80年近くが経過しているので、本当に今までよく残っていたと感心します。建物を存続することができるのか否か、江戸東京たてもの園のようなところに移築保存という道もあるかと思いますが、今後の動向が気になるところです。

太宰の下宿 取り壊しの危機(Web東奥) – Yahoo!ニュース

 作家・太宰治が戦前の一時期暮らした東京都杉並区の民家兼下宿「碧雲(へきうん)荘 – Yahoo!ニュース(Web東奥)

headlines.yahoo.co.jp

コメント

  1. 臨機応変? より:

    吉祥寺でランチ

     吉祥寺はJR中央線で東京からは30分、新宿からは15分ほどのところにある駅です。京王電鉄の井の頭線の始発駅にもなっていて、渋谷駅まで20分前後で行くこと…