映画「なごり雪」を見た

映画・音楽

なごり雪

 iPod Touchを使って何回かに分けて映画「なごり雪」を見ました。主題歌はあの往年のヒット曲、「なごり雪」です。とは言っても、主題歌を歌っているのはイルカではなく、元かぐや姫の伊勢正三でした。

 「なごり雪」はイルカが歌って大ヒットした曲ですが、もともとは伊勢正三が作詞、作曲した曲で、1974年に発売されたかぐや姫のアルバム「三階建の詩」に収録されていました。調べてみると、今でもCDで発売されていました。

 Wikipediaによれば、伊勢正三本人は出身地である大分県津久見市の津久見駅をモチーフにして作ったと語っているそうです。

 そして、映画「なごり雪」は大分県の臼杵市というところを舞台に作られています。


 映画は奥さんに逃げられた50歳の男(三浦友和)が故郷の友人(ベンガル)から呼ばれて、大分県の臼杵市に帰るところから始まります。実に28年間、故郷には帰っていませんでした。

 そして、二人が青春時代(約30年前)の話しをしているうちに、徐々に当時、謎だったことが明らかになっていきます。この謎解きと「なごり雪」の歌詞がところどころ調和しながら物語は進んでいきます。

 監督はどちらかというと私にとっては「ねらわれた学園」の印象が強い大林宣彦監督です。この作品のようなしっとりとした映画も撮られていることは、とても意外でした。また、ショムニで好演していた宝生舞も出演しています。浜辺の海の家ではどっきりとするシーンもありました。

コメント