井の頭公園は桜の蕾が大きくなっていました

旅行・ドライブ

今日は吉祥寺に行ったついでに井の頭公園にもよってみました。すでに、「宴会は22時まで」という垂れ幕もたらされて、そろそろ花見の宴会シーズンに突入したことを感じさせます。

桜の木に近づいてみると、蕾がかなり膨らんできています。まもなく、開花するのではないでしょうか。

井の頭公園

子どもがボートに乗りたいというので、久しぶりに井の頭公園池のボートに乗ってみました。ボート乗り場は井の頭公園池の中央にかかる七井橋のところにあります。

普段、私は手こぎボートばかり乗っているのですが、今回は子どものリクエストでスワンボートに挑戦です。スワンボートは30分間で700円です。


このスワンボート、サイクルボートと比べればボートの中が大きいのではないかと思っていたのですが、意外と窮屈です。椅子に座って、ペダルに足をかけると少々、足が痛いです。やはり、私には手こぎボートの方があっているような気がします。

まずは、スワンボートに乗って、池の奥の方へと進みます。ボート乗り場の近辺は非常に混んでいるのですが、奥の方に行くに従って段々とすいてきました。

080322_121628.JPG

30分間という時間が微妙な感じです。かなり一生懸命にペダルをこいで、この池の奥の方に来るまでに10分程度かかりました。奥まで来てしまうと、時間がなくなってしまうので、途中で引き返す人が多いので、奥の方はすいているのでしょう。

この池の奥に向かうとき、向かって左側を見ていると、井の頭公園アートマーケッツという露天が並んでいるのですが、今日は露天がありません。何で露天がないのか家に帰ってから調べてみると、花見のシーズンをはさむ1ヶ月間はアートマーケッツは出店ができないそうです。確かに、場所取りが始まるとアートマーケッツを開くのは難しいので仕方がないのでしょう。

こちらの方向には神田川の最上流部に行き着きます。ボートでは当然行くことができませんが、さらにその奥は、京王井の頭線の井の頭公園駅になります。

そして方向転換をして、今度はボート乗り場の方に向かって走ります。こちらに向きを変えると、井の頭公園の向こう側にそびえ立つマンションが見えます。また、ボート乗り場の方はボートがいっぱい見えて非常に混んでいることが判ります。

080322_122057.JPG

ちょうど、30分弱でボート乗り場のところまで戻ってきました。スワンボートの頭から桟橋の方につっこんでいったら、桟橋の上の係の人がきちんとボートの向きを直してくれて、おりやすいポジションにしてくれました。乗るときに貰ったチケットを渡して、時間を確認して貰ったら完了になります。今日はポカポカとしていたので、本当に気持ちが良かったです。

コメント