ドルツの電動歯ブラシ(EW1162P)を使った

EW1162P

 今までは電動歯ブラシとしてソニッケアというブランドの商品を使用していました。値段は1万円以上して少し高かったのですが、性能には定評がある商品でした。

 確かにしっかりと磨くことができて、歯の表面がツルツルになります。(電動歯ブラシ ソニッケアのエリート7800を購入

 しかし、もっとも厳しかったのは、替え歯ブラシの値段が高いことです。一つあたり2000円以上の値段がします。

 これは歯ブラシの部分だけを交換するシステムではなく、振動を発生させる磁石の部分も併せて交換できるタイプになっているので、コストが高めになっているためでしょう。

 磁石の部分も取り替えることにより、歯ブラシを交換すると振動が購入当初の状態に近づけることができるのが特徴です。また、歯ブラシは半年程度はもつことになっています。


 購入以来、2年以上使用してきて、歯ブラシも4回は交換してきたのですが、とうとう、ソニッケアの本体の部分が壊れてきてしまいました。

 ON・OFFをするための緑色の部分が壊れてしまいました。ここが壊れると防水性がなくなってしまいますので、中の回路に水分が入ると、全く動かなくなってしまいます。このまま使い続けるのも少々怖いので、別の電動歯ブラシを小丹生することにしました。

 楽天市場のランキング市場で売れ筋の電動歯ブラシを探してみると、1位はソニッケア、2位はソニッククリアとあまり聞き慣れないブランドの商品、3位は振動を抑えたタイプのソニッケア、そして下の方の順位を見ていくと、ドルツのEW1162Pという商品がありました。3000円強の値段と、とてもお手頃な値段です。

 また、替え歯ブラシの値段も400円程度と常識的な値段なので、あまり懐に大きな影響を与えることなく、歯ブラシを交換することができます。

 そこで、ドルツのEW1162を早速購入し、今日、試してみました。ソニッケアと比較すると本体が非常に細いのでとても持ちやすいのが特徴です。そして、振動もかなり激しいので申し分ありません。

 充電器も無接点式なので、所定の位置に差し込むだけで常時充電をしておいてくれるところはソニッケアと一緒です。気に入りました。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
日記・ショッピング
スポンサーリンク
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント