井の頭自然文化園に行ってみた

 先日紹介(「東京・ミュージアム ぐるっとパス2008」はお得です)した「東京・ミュージアム ぐるっとパス2008」を井の頭自然文化園で購入しました。井の頭自然文化園のチケット売り場で購入できるのかと思えばそうではなく、隣の管理事務所で販売しているということでしたので、その指示に従って管理事務所へ行きました。チケットブースには簡単な張り紙はありましたが、そんなにこのチケットのことを宣伝している様子はありませんでした。

 購入に際しては、2000円を払った後にチケットの必要な場所に名前の記入を求められたので、そこに名前を記入したらチケットをそのまま渡されました。チケットといっても、なんだか分厚い冊子になっています。よくよくみてみると、対象施設の入場券が1枚1枚ついています。おのおのの入場券の半券を各施設の入り口でちぎってもらうようになっているようです。

 さっそく、井の頭自然文化園に入ってみることにしました。もう、1年以上、入園していないと思います。チケットを確認してもらう場所で、ぐるっとパスの該当ページを見せたところ、半券をちぎって、分園の入場券をもらいました。一緒にいた子どもは入場料が無料でした。

 入場したのは土曜日のお昼頃だったのですが、普段の週末と比べて園内はかなり人が多いような感じがしました。やはり花見のシーズンで井の頭公園全体が混雑していることに影響されているのでしょう。

080405_124102.JPG


 井の頭自然文化園の本園は主に哺乳類と鳥類が飼育されています。また、比較的園内が広く、随所の桜の木もあるので、この季節は非常にきれいです。

080405_125635.JPG

 哺乳類とはいっても、あまり大きな動物はいません。唯一、アジアゾウの「はな子」がいるくらいです。あとは、タヌキやヤギ、ニホンカモシカ、アライグマといった動物が主流です。また、ちゃんと猿山もあったりします。

080405_124949.JPG

 また、本園の奥には小さな遊園地があり、いくつかの遊具があります。乗り物券は1枚100円ですが11枚つづりの回数券も売られていました。こちらは1000円になります。

 また、本園の中には「彫刻館」があります。こちらには、北村西望氏の長崎平和祈念像の原型などが展示されています。東京で長崎の平和祈念像を見ることができるというのは、とても不思議な感じがします。

080405_130520.JPG

 本園周辺の地図を掲載しておきます。


大きな地図で見る

 本園は吉祥寺通りに面したところにありますが、分園は井の頭公園の池の中心部あたりにあります。本園から歩くと、歩道橋を渡って井の頭公園の中を歩き、10分弱でつきます。分園に向けて歩いていく途中、お茶の水という水がわき出ているところを通りました。とてもきれいな水がわき出ています。

080405_134409.JPG

 また、このお茶の水の逆側を見てみると、池の水面にはたくさんの桜の花びらが浮かんでいて、そして池の向こう側まで見渡せるようになっていました。こちらから見る景色は本当にきれいで、カメラを構えている人がたくさんいました。

080405_134356.JPG

 ぐるっとパス2008、まだ今回は1カ所でしか使っていませんので、有効期間の2ヶ月の間にできるだけいろいろなところに行っておきたいと思います。

コメント

  1. 「東京・ミュージアム ぐるっとパス2008」はお得です

     「東京・ミュージアム ぐるっとパス2008」をご存じでしょうか。4月1日から発売されるチケットで、これ1枚で、都内61カ所の美術館、博物館、動物園、水族…

  2. 臨機応変? より:

    吉祥寺でランチ

     吉祥寺はJR中央線で東京からは30分、新宿からは15分ほどのところにある駅です。京王電鉄の井の頭線の始発駅にもなっていて、渋谷駅まで20分前後で行くこと…

  3. 井の頭自然文化園から逃げたリス30匹が38匹になって帰ってきた?

     最近、リスに関するニュースが巷に出回っていました。6月20日の午前4時過ぎに…