新大久保の千里香に行った

グルメ・ランチ・美味しいもの

新大久保

 大久保駅と新大久保駅の間にある千里香というお店に行ってきました。廷辺料理というものを食べさせてくれるお店です。廷辺料理というのは中国東北部と北朝鮮の国境付近にある、延辺朝鮮族自治州の料理なのだそうです。朝鮮と中国の味を両方楽しめるということでしょうか。

 千里香はビルの2階にお店はあります。水曜日の午後7時頃に行ったのですが、もう店内はかなりの人でいっぱいになっていました。かろうじてあいていた窓際のテーブルに案内されます。テーブルの真ん中には、焼肉を焼くための炭を置くためのスペースがあります。

 メニューを開くと、色々な串焼きがありました。値段は1本157円からになっていて、とてもリーズナブルな感じがします。羊肉、豚、イカ、ケッカンなどなど、色々な串焼きを頼みました。メニューをめくっていくと、後ろの方はどこから見ても確かに中国料理という感じのメニューになります。

 オーダーをすると、テーブルの真ん中に真っ赤になった炭を入れてくれて、その上にはジャングルジムのようなもの?を組み立ててくれました。下の台で焼いて、焼き上がったら、上の台にのせておくのだそうです。確かにこれならば焼き上がったものが冷めませんので良くできています。

080416_205327.JPG


 テーブルの横には器の中にたくさんのニンニクが置いてありました。特にニンニクを潰す道具が置いてあるわけでもないですし、どうやって食べるのか判らなかったのですが、どうも串にニンニクを突き刺して、自由に焼いて食べればよいようです。

 とにかく気に入ったのは、羊肉の串焼きです。色々なスパイスがたくさんついているのですが、何となく癖になるような感じです。ぜひ、また食べてみたいです。日本で言えば、山ちゃんの手羽先の唐揚げにも通じる味という感じでしょうか。

【参考記事】

グル番’s ゴハン☆メモ : 延辺料理をご存知ですか? @新大久保 千里香
大久保 千里香のラム串焼き – カレー伝道師☆ブログ – Yahoo!ブログ

Related posts

コメント