秋葉原の上海問屋へ行ってみた

上海問屋

 上野の国立科学博物館に行ったあとに、久しぶりに秋葉原へ寄ってみました。10年ほど前には月に1回程度は行っていたのですが、ここ数年はほとんど行く機会が無くなってしまいました。

行かなくなった理由を振り返ってみると、

 ・秋葉原の街が変貌してしまった
  コンピューターパーツを扱う専門店が中心でしたが、最近は違う方向に発展しつつあります。
 ・近所にヨドバシカメラが出来た
  コンピューターパーツも含め、ほとんどのものが揃ってしまいます。
 ・通販でレアなものも手にはいるようになった
  ヨドバシカメラでは扱っていないような商品も楽天市場などの通販で簡単に購入できるようになってしまった。

 というような理由で、交通費と時間を使ってまでして秋葉原にまで行く必要性が無くなってしまったことが大きな理由なのではないかと思います。


 久しぶりに足を踏み入れた秋葉原ですが、いくつかのお店を回ったあとに、新しく開店したという情報を入手していた(上海問屋が秋葉原に店舗を出店するらしい)上海問屋に行ってみました。このお店はPCパーツメーカーのエバーグリーン社が運営しているお店で、昔から楽天市場の中にショップを開設して運営しています。

 場所は秋葉原の中央通りから少し道を入ったところになります。地図はこの記事の一番下で紹介しておきます。

 行ってみるとすぐに場所は判りました。従来は「むだや」が開店していた場所らしいのですが、その「むだや」は同じビルの地下一階に引っ越して、1階が上海問屋になっていました。むだやと上海問屋は同じ系列のお店のようです。むだやでは「生活非必需品」が売られています。

 お店の中に入ってみると、そんなに店舗は大きくないのですが、人はかなりいて、いっぱいになっていました。扱われている商品は、やはりネットショップで扱われている商品と同じ品揃えです。覚えていたものだけですが、値段もネットショップと同じ値段が付いているようです。一部の開店記念の商品は特別に安い値段がつけられているようでした。マイクロSDカードのUSB接続型リードライターが500円程度で売られているのが目立ちました。ほかには、マイクロSDカードなどが安売りされています。

 昨日、楽天市場の上海問屋でPC-3200(1GB)のDDRメモリーを買いました。3499円だったのですが、ほかのお店と比較すると非常に値段が安いです。しかし、ゴールデンウイークの最中に購入したのが悪かったのか、まだ商品を発送したという連絡が来ません。上海問屋の実店舗に行くことが判っていれば、店舗で購入できたのですが残念です。

【2013/09/15追記】

 現在はドスパラパーツ館3階に店舗があるようです。

  ☆1/25(金)パーツ館3Fに上海問屋コーナーがグランドオープン!|ドスパラパーツ館

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
コンピューター
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント