SONGS BESTセレクション?

映画・音楽

 DVDレコーダーに「SONGS BEST セレクション?」という番組が録画されていました。SONGSが放送を開始してから今まで放送されてきた歌の中の一部を紹介する構成になっています。
 オープニングでは森山直太朗が番組を紹介して、そして1曲目になります。
★1曲目 「うれしくてさみしい日」(YourWeddingDay)」 竹内まりや
 こちら「竹内まりやのSONGSスペシャルを見た」で紹介した放送からの一曲です。ロケ地は山梨県のリゾナーレ小淵沢になります。

幸せのものさし/うれしくてさみしい日(Your Wedding Day)
Warner Music Japan =music=
竹内まりや(その他)竹内まりや(演奏)山下達郎(その他)
発売日:2008-05-21
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:50
おすすめ度:5.0
おすすめ度4 ちょっとジャズぽい
おすすめ度5 暖かな心になりました。
おすすめ度5 涙が出る…歳かな?
おすすめ度5 元気になれます!

★2曲目 「カリフォルニア・コネクション」 水谷豊
 水谷豊と聞くと、つい「相棒」を思い出してしまいますが、もっと昔からの水谷豊の生い立ちについて紹介します。最初に出てくるのは東京都立川市にある諏訪神社です。18歳のときに2ヶ月にわたる家出をしたときに、この諏訪神社の境内にあるちょっと盛り上がった部分の上で1晩を明かしたこともあったそうです。
 最初に水谷豊が出演した映画「バンパイヤ」1968年の映像や映画「青春の殺人者」1976年の映像などが簡単に紹介されたあとに、ドラマ「熱中時代」1978 年放送も紹介されました。この熱中時代は水谷豊が小学校の先生役をするというドラマで、吉祥寺にある武蔵野市立第三小学校がロケ地として使われました。当時、このドラマを見ていたような気がするのですが、どんなストーリーだったのか思い出せません。ここで紹介される曲は「カリフォルニア・コネクション」です。こちらは熱中時代・刑事編のオープニングとして使われていた曲です。


★3曲目「瞳をとじて」 平井堅
 こちらは東京都日野市にある多摩動物公園で撮影が行われていました。平井堅はキリンにペロッとなめられたときも大丈夫だった等の話しをしてくれます。
 そして曲は2004年に公開された映画「世界の中心で、愛をさけぶ」の主題歌として使われた「瞳をとじて」でした。
★4曲目「Timegoesby」 Every Little Thing
 4曲目はEvery Little Thingです。こちら(NHK SONGS 「Every Little Thing」)で紹介した放送のエッセンスです。最初は持田香織の地元である亀戸が出てきます。よく学校帰りに行ったという餃子屋さんが紹介されるのですが、ここで出される餃子は本当に美味しそうです。そして、4曲目ではEvery Little Thingの初期の代表曲、Time goes byが紹介されました。出演しているのは、中村康哉、林真史、山口鷹、笠原直樹、今野均カルテットとなっていてアコースティックな雰囲気の中、しっとりと歌われて良かったです。
★5曲目 「さくら(合唱)」 森山直太朗&宮城県第三女子高等学校音楽部
 森山直太朗は宮城県仙台市にある「宮城県第三女子高等学校」へと向かいます。「さくら(合唱)」のレコーディングのときに、一緒に歌ってくれたのが、ここの学生たちだったそうです。当時、一緒に歌った学生が高校を卒業するということで、記念に一緒にまた「さくら」を歌ってくれないかとFAXを送ったことでこの企画が実現しました。もちろん、紹介されたのは「さくら」になります。
★6曲目 「涙そうそう」 森山良子
 森山直太朗に続いて、森山良子が紹介されます。森山良子は母校の成城学園・成城大学へと向かいます。ちょうど、仙川沿いの桜が満開になっていて綺麗な時期にロケされたようです。3月の下旬頃でしょうか。そして、森山良子は「涙そうそう」を歌います。
 そのあと、森山直太朗が出てきて、こちらも母校の成城学園でインタビューが行われていました。
★7曲目 「銀色の少女」 あみん
 あみんが昨年、24年ぶりの再結成した際、7月にSONGSで放送された際の映像です。愛知県名古屋市にある「椙山女学園大学」を岡村孝子と加藤晴子は訪れます。そして、「待つわ」の練習をしたという裏庭なども紹介されました。
 紹介された歌は「銀色の少女」という曲です。この曲は収録をしていたものの、SONGSの中では放送をしなかったので、未公開映像なのだそうです。作詞は「さだまさし」、そして作曲は「岡村孝子」というコラボレーションで完成したこの曲は、ネットで調べてみるとソロデビュー20周年を迎えた岡村孝子がNHKの夢音楽館という番組で共演したことをきっかけに実現したそうです。
★8曲目 「上を向いて歩こう」 忌野清志郎
 忌野清志郎は喉頭ガンを患い、そして克服してのライブでした。今回紹介された「上を向いて歩こう」はライブの最後、アンコールで特別に演奏されましたが、SONGSでは放送されていないので、こちらも未公開映像とのことです。オリジナルの「上を向いて歩こう」とはかなりテンポが違う曲に仕上がっていましたが、歌にかける情熱が伝わってくるようで良かったです。この忌野清志郎の回ではナレーションは原田知世が行っていました。
★9曲目 「駅」 竹内まりや
 デビュー30周年を迎えた竹内まりやは、レーベルを超えてのベストアルバムを発売します。そしてこのアルバムの発売を前にして、曲のファン投票を実施したところ、下記の順位になりました。中森明菜のために書いた曲で、自分のためにだったら、多分、このような曲は書かなかったのではないかと本人も語っています。
 3位:元気を出して
 2位:人生の扉
 1位:駅
 ここでは、1位になった「駅」が紹介されました。2000年に行われた日本武道館のライブの映像が使われています。このライブでは、山下達郎、青山純、伊藤広規、佐藤佳幸、難波弘之、垂実徹、土岐英史が出演しています。
★10曲目 「花」 森山直太朗
 成城学園でしょうか。芝生の上で弾き語りという形で森山直太朗が「花」を歌います。
 以上でベストセレクションは終わりです。素晴らしい放送でした。こんな放送を、土曜日から日曜日にかけての夜中に放送するというのはなんだか勿体ないような感じがします。

コメント