ソフトバンクがiPhoneを年内に国内で販売決定!

インターネット

ソフトバンクモバイル

 appleのiPhoneについては世界では大人気になっているにもかかわらず、日本では対応していないので、指をくわえて見ているしかありませんでした。ところが、今日になって、ソフトバンクモバイルが2008年の後半に日本国内でiPhoneを発売することでアップル社と契約を締結したという発表をしました。現在、iPhoneについてはGSM方式という通信方式を採用しているようなのですが、ソフトバンクでは3G(W-CDMA)という方式を使用しているので、この方式に対応できるようにiPhoneについては改造が施されるのではないかと言われています。

 ケータイWATCHによれば、アップルの日本法人では本件に関してはノーコメントと言っているようです。また、NTTドコモについては「引き続きiPhoneの発売に向けて検討を続けていく」というコメントをしています。iPhoneについてはそのデザインや操作性が斬新であり、日本で発売されればかなりの人気ができるはずです。もしもソフトバンクが先行して発売することとなれば、携帯各社からソフトバンクへのユーザーの流れが無視できない状況になる可能性もあります。

 ソフトバンクモバイルの公式サイトに行ってみると、下記の通りニュースリリースが発表されています。非常にシンプルな発表内容ですが、携帯各社に先駆けてアップル社と契約にこぎ着けたというのは、大変なことだったのだと思います。ただ、この発表を見る限りは日本における販売の独占権を得たわけではなさそうなので、NTTドコモやKDDIからも相次いで発売に向けて大きく動き出す可能性は残されているのではないかと思います。(KDDIは発売の予定は無いと言い切っているようなので発売の可能性は薄いかもしれません)


 また、日本経済新聞を見てみると、下記のように記載されていました。

ソフトバンクは契約の具体的内容について「ノーコメント」(孫正義社長)としているが、日本国内で独占的に扱う可能性がある。

 ソフトバンクが独占的に扱う可能性も捨てきれないようです。

 もう少し、アップル社とソフトバンクモバイル社がどんな契約を締結したのかが判らないとこれも想像に過ぎないので、今後の続報に期待したいところです。

この度、ソフトバンクモバイル株式会社は、今年中に日本国内において「iPhone」を発売することにつきまして、アップル社と契約を締結したことを発表いたします。

SOFTBANK MOBILE Corp. today announced has signed an agreement with ® to bring the iPhone™ to Japan later this year.

 私はNTTドコモの携帯電話を使う必要があること、ビジネス用途には決してiPhoneが使いやすいというわけでもないこと、動画を見過ぎたり音楽を聴き過ぎたりしてバッテリーを使い切ってしまって、肝心の携帯電話が使えなくなることを防がなければいけないことから、通常の携帯電話とiPod Touchを今と同じように併用するという使い方をこれからもしていこうと思っています。

(2008/06/06追記)

 実際に今回のニュースリリースを見たあとに、ソフトバンク携帯電話のショップに予約をしに行った話しが公開されていました。現時点では予約は受け付けて貰えなかったそうです。

 ★早速iPhoneを予約しに行ってみた – 元マカーのiPod touch戯れ日記

 6月2日の時点で、NTTドコモとソフトバンクモバイルのどちらがiphoneを発売するかという大胆予想を識者にしてもらうという記事がありました。ほとんどの人がNTTドコモと予想されています。それだけ、ソフトバンクモバイルからiphoneの発売予告があったことは意外だったということになります。

 ★大胆予想!iPhone採用キャリアはここだ!

 iPhoneを買ったときよりも高く売ったという記事もありました。まだまだ米国内でも人気が高いようです。

 ★僕はこうしてiPhoneを24時間で買い値より高く売った : Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン), ガジェット情報満載ブログ

 反面、日本ではiPhoneは売れないのではないかという記事も現れ始めました。「おサイフケータイ」に対応していなかったり、文字を打ちにくいといったところが消費者に受けないのではないかと言われています。

 ★iPhoneは(あまり)売れないかもしれないという話 – Thirのはてな日記

Apple Store(Japan)

Related posts

コメント