ピンホール原理のトレーニング用メガネを買ってみた

ピンホールメガネ

多摩センターに行ったときに映画が始まるまで多少の余裕があったので、サンリオピューロランドの近くにある100円ショップダイソーに行ってきました。ここのダイソーはとても広いくて品揃えが良いので、多摩センター駅に行った際にはよく立ち寄る場所です。100円ショップは扱っている商品を季節によって入れ替えをしているようで、こんなものがあるのか?と感心してしまうこともしばしばあります。

そんなダイソーで今回見つけたのが、ピンホール原理ではっきりと見えるという視力トレーニングメガネという商品です。パッケージには1日3分かけるだけで目の健康を守りますと書かれています。

ピンホールメガネ


パッケージの裏側を見てみると、「トレーニングメガネはピンホール原理を使った画期的なメガネです。日頃疲れている目も、ピンホールの穴から見ることで眼球をきたえます。」と書かれています。また、ピンホール原理そのものについても解説が書かれていました。

小さな穴を通った限られた光が屈折しないで網膜に届くので、ものにピントが合いやすくなる現象です。この現象により、目のピントを合わせるときに使われる毛様体筋(水晶体の厚さを調節する筋肉)が、正しく働きやすくなるのです。この原理を元に、近視/乱視/老眼等の矯正や予防のためのトレーニングに、眼科などで広く応用されています。

ピンホール原理の解説

ということで、おもしろそうなので、このメガネを買ってみました。そして、家に帰ったあとにかけてみると、確かにモノがはっきりと見えるような感じがします。近視の人が遠くのものを見るときに目を細めてみていることがありますが、これは目を細めることによって一種のピンホール原理を作り出して、対象のモノを見やすくしているのだそうです。専門的な言葉を使うと、「絞ると被写界深度が深くなる」ということなのだそうです。

また、目の疲れが幾分ですが取れる感じがします。かけている間は目への負担が少し減るのでしょうか。

パッケージの表面を見ると、正面→左→右→上→下の順にメガネを通して見ながら、繰り返して眼球を動かすと、筋肉が鍛えられるようです。

視力回復に対しては、どの程度の効果があるのかよく判りませんが、居間に置いておき、気が向いたらいつでも使うことができるようにしておきたいと思います。さらに、こちら(アイアイで視力回復(Windows95/98/Me / 家庭&趣味))のページで視力回復トレーニング用のフリーソフトを見つけました。この眼鏡をかけながらこのソフト(eyeeye)を使うと効果があるかもしれません。あわせて試してみようと思っています。

ピンホールメガネ PCeye ナイトブルー
名和里商事
ランキング:4814
おすすめ度:5.0
おすすめ度5 キャンのドゥーへゴー
この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
日記・ショッピング
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント