グーグル経由のアクセス件数が激減した

高速道路の渋滞

8月1日になった途端にこのブログサイトへのアクセス件数が激減してしまいました。グーグルのインデックスから軒並み削除されてしまったのかとも思い、サイト名で検索をかけてみたところ、若干、順位が落ちているものの、インデックスから削除されてしまったわけではないようです。とすれば、何かスパム関係のフィルターをかけられて、このサイト全体の各ページの検索結果が落ちてしまったということでしょうか。少々気になります。

ネットで、同様の事象が最近発生した人はいないか、ブログ検索で調べてみました。しかし、ほかのサイトでは8月1日に順位が大きく落ちたという報告は見当たりませんでした。また、グーグルのインデックスが再構成中であったり、グーグルダンスが発生していたりということはないようです。

このような大幅な検索順位の降下にあった場合には、どうすれば良いのでしょう。こちらもネットで検索をして調べてみました。

こちらのサイトをみてみると、3日間はそのままの状態で何も触らずに様子を見ることを薦めています。

また、こちらのページを見ると、最近実施したサイトの変更を元の状態に戻すのが良いと書かれています。このサイトで最近実施したことは、右側のカラムにアクセスランキングを付けたことです。もしかすると、このアクセスランキングは全てのページに表示されていて、全てが同じページに対するリンクになっているので、グーグルから見て何かがおかしいと判断されてしまったのかもしれません。

そして、アクセスランキングを付ける前に実施したことは、RSSファイルの構成を変更したことです。こちらは掲載する文書の量を増やして、さらに過去の関連する記事に対するリンクも表示できるように改良しました。

もう一つ思い当たることといえば、7月前半にサイトのリニューアルを実施したことです。サイトのリンク関係の構造は変わらないようにサイトを構築しなおしたので、ペナルティを受けるようなことは無いと思っていたのですが、何らかの関連があるのかもしれません。

この週末、様子を観察して、順位が復活しないようであれば、最近実施した施策を順番に元に戻していってみたいと思います。順位が復活すればよいのですが、どうなるか気になるところです。

 

(2008/08/02追記)

グーグルのウェブマスターツールでメッセージが出ているか否かを確認した方が良いということが判ったので、さっそく自分のアカウントでログインし、このサイトの状況がどうなっているか確認してみました。結果、メッセージセンターには残念ながら何のメッセージも表示されていません。何が原因で順位が落ちてしまったのか、相変わらず判らない状況です。

こちら(Stack-Style: Google下位低下問題。経過観察)の記事を見ると、しばらく様子を見ていると順位が回復したということが報告されています。また、こちら(Googleの検索順位について – Yahoo!知恵袋)でも2から3週間程度で突然、もとの検索順位に戻ったという記載もあります。もう少し様子を見ていきたいと思います。

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
ブログ・WORDPRESS
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント

  1. アクセス件数が復活しました

     このブログについては先々月(7月)の終わり頃から急速にアクセス数が減少してしまっていました。特にグーグルの検索から来る方の数が減ってしまい、全体として最…