江戸東京たてもの園の下町夕涼みに行った

小金井公園の中にある江戸東京たてもの園では、8月2日(土曜日)と3日(日曜日)の二日間、14時から20時30分まで下町夕涼みというイベントが行われています。このイベントでは移築復元された居酒屋や文具店が特別に開店したり、盆踊りやスイカ割りなどのお楽しみ企画が色々と実施されます。

先日、ぐるっとパス2008を購入したので、これを利用することも兼ねて、8月2日(土曜日)の15時頃に、江戸東京たてもの園へ行ってきました。まずは、江戸東京たてもの園の東側一帯のエリアに向かいました。広場には櫓が出来ていて、いかにも盆踊りという感じになっています。プログラムを確認すると、18時から20時まで盆踊りがおこなわれるようです。

盆踊りの会場

そして、駄菓子屋さんも店を出していました。15時から20時までの営業です。懐かしい駄菓子がたくさんあります。右奥にあるのは缶入りのサクマ式ドロップなのですが、とてもレトロなムードのパッケージです。特別に製造しているものでしょうか。

駄菓子屋

また、居酒屋も特別に営業をするようです。昭和レトロなたたずまいの店舗でそのまま営業する形になります。私が前を通った時点ではまだ営業を開始していないようでした。

居酒屋

また、東ゾーンの中にはミュージアムショップもありました。今まで、江戸東京たてもの園のミュージアムショップはビジターセンターの中にありましたが、この東ゾーンのほうへ移転してきたようです。ここは冷房もガンガンと効いていて、とても過ごしやすかったです。

ミュージアムショップ 江戸東京たてもの園

武居三省堂の店舗では文具が販売されていました。オリジナルの絵葉書も売られています。

三省堂では文房具を販売

さらに、広場には屋台もたくさん出店していました。焼き鳥、焼きそば、ラムネ、たこ焼き、わらび餅、ところてん、クレープ、ビール、ジュース、ケンタッキーフライドチキン、射的、ヨーヨーつり、金魚すくいなど、いろいろな屋台があります。子どもは射的を3回もやっていました。射的は1回100円です。

夕涼みの屋台

東ゾーンの一番奥にある立派な銭湯、子宝湯では「子宝寄席」というイベントを実施していました。1日2回(14時からと16時から)の実施で、各回100名に限り入場することができます。開始30分前に入場整理券が配布されます。

さらにスイカ割りが行われています。こちらは14時からと15時からの2回なのですが、子どもたちがいっぱい並んで、盛況でした。うちの子供もスイカ割りに挑戦しましたが、残念ながらスイカからはそれてしまって、棒がスイカにあたりませんでした。

スイカ割り この江戸東京たてもの園の夕涼み、レトロな町並みな中の懐かしい雰囲気の中で、夏のイベントをまとめて体験することができる貴重なイベントです。まだ、明日の8月3日(日曜日)にも開催される予定なので、この機会にいかがでしょうか。

江戸東京たてもの園周辺の地図を掲載しておきます。


大きな地図で見る

コメント