中古のW-ZERO3でPDAを知る

コンピューター

w-zero3

楽天市場にある中古パソコンのイオシスというお店でW-ZERO3というスマートフォンが中古扱いで9980円となっていたので、思わず購入してしまいました。購入には楽天スーパーポイントを使用したので、実質的な負担はありませんでした。

最近、iPhoneを購入したばかりだったので、どう考えても、これ以上のスマートホンが必要なわけがなかったのですが、あの有名なW-ZERO3がこんなに安い価格で購入できるとなると話しが変わってきます。

このお店、1万円以上の購入で送料が無料となるので、今回は50円の商品を組み合わせて、総額を1万円以上にして購入することで送料を節約しました。


この端末は2005年の終わりに発売され、2006年の5月末には15万台も売り上げました。3.7インチのVGA液晶を完備していたり、スライド式のフルキーボードが搭載されていたり、非常に魅力的なスペックの端末です。VGA画面についてはタッチパネルになっていますので、キーボードによる操作のほか、付属のスタイラスペンで直接画面をタッチして操作することも出来るようになっています。

w-zero3-2

内蔵されているデジタルカメラは133万画素なので、本格的な写真を撮りたいときには少々スペック不足ですがスナップ写真を撮る程度の用途であれば十分な仕様ではないでしょうか。この端末は当時の実売価格は39,800円でした。

本来はWillcomでこの端末を使用することで、電話をしたり、インターネットをしたりすることが出来るのですが、今回は端末機だけを独立しての販売になります。従って、本来の使い方をするためには、Willcomのショップに持っていって回線の契約をする必要があります。

もしもこのまま、回線の契約をしないで使い続けるとどうなるかというと、最低限、通常のPDAと同じように使用することができます。無線LANが付属していますので、無線が届いている範囲であれば、インターネットやメールを使用することが出来ます。

OSはWindows Mobile5.0が採用されています。従って、Windowsパソコンとの相性は非常によく、この端末とパソコンとの間ではActiveSyncを使用して同期を取る形になります。PDAと全く同じような形で使用することが出来ます。さらにミニSDカードスロットがついていますので、あとから容量を増やすことも出来ます。

内蔵のソフトウエアは、Windowsの標準的とも言えるアプリケーションがプリインストールされています。ブラウザはインターネットエクスプローラーMobile、音楽・動画再生ソフトはWindows Media Player、Word,Excel,PDF Viewer,ソリティアなどを使うことが出来ます。

さらに、W-ZERO3専用のブラウザ「OPERA」も、こちら「Opera Mobile™ for Willcom W-ZERO3 (Windows Mobile 5.0)」からインストールすることが出来ます。

また、WindowsMobileには豊富なフリーソフトが公開されていますので、これらをインストールして機能拡張することも出来ます。数年前まではWindows CE、そしてPocketPCのPDAを使用していましたので、さほど違和感なく使用することが出来るのではないかと思っています。商品が届いて、時間を作ることが出来たら、色々触ってみたいと思います。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
スポンサーリンク
臨機応変?

コメント