iPhoneで16GB以上のコンテンツを楽しむには

スマホ・タブレット・AV

iphone4

 iPhoneは容量が大きな方のモデルでも16GBのフラッシュメモリしか内蔵されていませんが、この容量以上にコンテンツを楽しむ方法がAsciiで紹介されていました。

 ★16GBの壁を超えろ!iPhoneの容量拡張に挑戦

 「LinkStation Mini LS-WS1.0TGL/R1」というBUFFALO社のネットワーク接続型ハードディスク(NAS)を購入して、ここにコンテンツを入れておき、自宅で動作させておけばよいようです。

 公式サイトで確認してみると、下記のように紹介されていました。

外出先から自宅にあるコンテンツをチェック。バッファローのネットワーク対応HDDなら、ビデオや写真などのライブラリを、iPhone 3Gからアクセスして楽しむことができます。
バッファローのネットワーク対応HDDは、HDDに保存したデータに外出先からいつでもアクセスできるWebアクセス機能を搭載。通常はiPhone 3Gへの転送が必要なビデオや音楽、写真などがiPhone 3GのWebブラウザ「Safari」から再生できます。もちろんビデオなどのメディアファイルだけでなく、「Safari」が閲覧に対応しているファイルなら、保存しているファイルはすべて再生可能。 iPhone 3Gがオンタイム・オフタイムでさらに活躍します。


 具体的な仕組みとしては、iPhoneを使用して、「http://buffalonas.com/」にアクセスし、自分のリンクステーションの名前などを入力してアクセスすれば、ハードディスクの中にあるコンテンツにアクセスができるようになるようです。たぶん、ダイナミックDNS相当の仕組みになっていて、自分の家のブロードバンド回線のグローバルIPアドレスが変動した場合には、新しいIPアドレスを登録するような仕組みになっているのでしょう。

 このNASを1台持っていれば、通信が発生してしまうものの、3G回線、または無線LANが接続できる環境にいれば、NASの中にあるコンテンツに自由にアクセスすることができるようになりますので、iPhoneの活用の幅が広がるのは間違えありません。同期作業をするときにわざわざ外で聴く曲を選ばなくてもすむようになるので、時間の節約にもなります。

 私自身は別会社のNASを使用しているのですが、こちらはファームウエアのバージョンアップも最近ではまったくないので、このような機能が提供される可能性は極めて低いものと思われます。この機会に、BUFFALOのNASへの買い替えを検討したいと思います。

BUFFALO LinkStation RAID1対応 2.5インチHDD2ドライブ搭載 1.0TBモデル LS-WS1.0TGL/R1
バッファロー
発売日:2008-03-31
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:2980
おすすめ度:5.0
おすすめ度5 一番静かで小型のNASだと思います
おすすめ度5 リビングでの利用にお勧めです

コメント