iPhoneの新しいファームウエア2.1をダウンロード中

 iPhoneの新しいファームウエア2.1がダウンロード可能になりました。iTunesにiPhoneを接続すると新しいソフトウエアがダウンロードできることを通知してくれました。今回のファームウエアについてはこちら(iPhoneの機能を大幅に改善した最新ファームウェア「2.1」)で記事になっています。この記事によれば公式な改善点は下記の通りになります。

* 通話発信時のエラーと通話中のエラーによる回線切断の発生頻度の減少
* ほとんどのユーザを対象としたバッテリ寿命の劇的な向上
* iTunesへのバックアップの所要時間の劇的な減少
* メールの信頼性の向上 (特にPOP、およびExchangeアカウントのメールフェッチ時)
* 他社製アプリケーションのインストールの速度の向上
* 他社製アプリケーションが多数インストールされている場合にハングおよびクラッシュを生じる問題の修正
* SMS のパフォーマンスの向上
* アドレスデータの読み込みおよび検索速度の向上
* 3G信号強度表示の正確性の向上
* バッテリ寿命の劇的な向上
* SMS着信時の警告音繰り返し機能(2回まで追加可能)
* パスコード入力に10回失敗後のデータ消去オプション
* Geniusプレイリスト作成機能の追加
 これだけたくさんの改善が行われた新しいファームウエア、期待できないはずがありません。


 現在、ダウンロードの工程が終わってiPhoneのバックアップが行われているところです。プログレスバーが半分程度になるまではかなり早く進んでいったのですが、半分よりあとについては、進み方がゆっくりになってしまいました。

 今回のファームウエアのダウンロードおよびインストールには全部で1時間程度かかるようですが、このうち大部分はバックアップの時間になるようです。ちなみに、新しいファームウエアの容量は237.8MBもあります。

 そして、インストールが完了すると、iPhoneの画面には「iPhoneはアクティベーションされました」というメッセージが表示されていました。

 すでに新しいファームウエアをインストールされた方の記事を読んでいくと、いろいろなところが改善されたことが判ります。

★SOFTBANK回線のアンテナがたくさん立つようになる

  ・iPhone FAN (^_^)v: iPhoneは生まれ変わったか!? 2.1ファーストインプレッション。

 今まで1本しかアンテナ立っていなかったような場所でも3本立つようになるなど、SOFTBANK回線のアンテナがたくさんたつようになるようです。しかし、こちらは今までよりも回線を安定して使えるようになったわけではなく、単にアンテナの数が増えただけのようにも見えるようです。私の場合も自宅の居間ではアンテナが1本しか立っていなかったのですが、3本立つようになりました。

★日本語入力がサクサクになる

 こちらは本当にいろいろなところで言われています。今まで日本語文字入力には時間ばかりがかかって、非常にストレスがたまっていたので、ここが性能改善されたことによる意味は非常に大きいことだと思います。
 こちらもインストールが終わった後に真っ先に使ってみましたが、確かにスムーズに文字入力を進めていくことが出来ました。

★AppStoreのアプリケーションインストールが劇的に早くなった

 APP STOREからアプリケーションをダウンロードしてインストールするためには今まではとても時間がかかっていたのですが、今回のファームウエアでは劇的に改善されました。今回、2tchという2チャンネルリーダーが新しく公開されていたのでインストールをしてみたのですが、数秒で完了してしまいました。非常に快適です。

★Safariブラウザの安定化

 今までは大きなWEBページを読んだとき等にかなり頻繁にクラッシュして突然終了してしまっていましたが、今回のファームウエアアップデートによって、クラッシュする頻度がかなり減ったように思えます。それでも、いろいろなページを閲覧していたりすると、徐々に動作が重くなってクラッシュしやすくなるという傾向はまだ少し残っていますので、注意して使用する必要はありそうです。

 今のところは、新しいファームウエアを入れたことによるデメリットは出ていません。もう少し、いろいろな使い方をして新しいファームウエアを評価していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました