江川亭の三鷹大沢店に行ってきた

 先週の日曜日は、三鷹市の東八道路沿いにあるハードオフに行ったあとに、天文台通りを東京天文台の方へと降りていきました。すると、道の右側に見慣れないお店があります。

 油麺専門店の江川亭というお店だそうです。今まで行ったことがないお店だったので、お昼にはまだ少し早かったですが、寄ってみることにしました。

江川亭の三鷹大沢店

 そして、お店の正面玄関は下の写真のような感じになっています。

江川亭の玄関

 この入り口の横には、ズラッとイスが並べられていました。混むときにはここでお客さんに待っていてもらうのでしょう。


 お店に着いたのは11時30分頃だったのですが、既にそとで一組のお客さんが待っていました。でもこのお客さんはテーブル席を希望しているようで、カウンター席であればあいているようです。カウンター席で良いかと聞かれ、「はい」と答えて、カウンター席に案内して貰いました。

 入り口から入ってすぐ右側には自動券売機があります。私は油麺の特盛にしました。800円です。ちなみに並盛りは600円、大盛は700円でした。子どもは志那そばを注文しました。

 カウンター席の上を見渡してみると、油麺の食べ方が書かれています。

油麺の食べ方

 油麺にはスープがついてくるようですが、そのスープは油麺とは別々に食べて欲しいとのことです。そして、テーブルの上には色々な調味料が置いてありました。

江川亭のカウンターの上

 一味唐辛子、ラー油、しろ胡麻、お酢、ニンニクなどなどがあります。そうこうしているうちに、今度はスープが運ばれてきました。

江川亭のスープ

 そして、油麺の特盛も来ました。

江川亭の油麺特盛

 続いて志那そばも来ました。

江川亭の志那そば

 油麺の方は、濃厚なタレが器の下の方にたまっていますので、これに麺を絡ませて食べていきます。特に調味料はこれ以上は何も入れず食べても十分に美味しいのですが、私は辛いものが好きなので、唐辛子やラー油、そして胡麻、お酢などをトッピングして食べました。

 今まで色々なお店で油そばを食べてきましたが、この江川亭の油麺は麺とスープが良い感じで絡んでくれて、とても美味しいです。値段もリーズナブルなので、また食べに来たいと思います。

江川亭|店舗案内 - 三鷹大沢店
江川亭えがわてい。武蔵小金井を本店に、西東京を中心に展開するラーメン店。厳選した国産豚のげんこつのみ使用した、マイルドなとんこつスープと食感が独特の麺が特徴です。店舗情報、メニュー紹介。

コメント