ロケ地や舞台になった吉祥寺はココ!

テレビ番組・ドラマ

吉祥寺駅

「リビングむさしの」というフジサンケイグループのタウン誌が今日来ていたのですが、この中に「WE LOVE 吉祥寺 ロケ地や舞台になった吉祥寺はココ!」という特集記事がありました。

紹介されていた作品は、「花より男子2リターンズ」、「グーグーだって猫である」、「Cafe吉祥寺で」、「愛していると言ってくれ」、「俺たちの旅」、「ラストフレンズ」です。

実はこの記事を書く前日にも井の頭公園でロケをやっているところを見かけてしまいました。

ちょと遠くだったので、何のロケをしているのかは判りませんでしたが、大きな反射板を持った人など、何人もの人がいたので、何らかの撮影をしていたのではないかと思います。写真も撮っておきました。向こう側の橋の上にいる人たちが判るでしょうか。

井の頭公園でのロケ

 

戦う!書店ガール

渡辺麻友さんと稲森いずみさんが主演していたドラマ「戦う!書店ガール」の舞台は、コピス吉祥寺B館7階のジュンク堂書店です。

コピス吉祥寺ジュンク堂書店

戦う!書店ガールのレポートはこちらで紹介しています。

秘密

2010年に放送されたドラマ「秘密」では、吉祥寺駅公園口、吉祥寺通り沿いの井の頭公園そばにあったフランス料理店「芙葉亭」が使われています。残念ながら新型コロナウイルスの影響で営業が難しくなり閉店してしまいました。

花より男子2

話題を戻して、吉祥寺でロケされた作品に関してですが、まず、花より男子2リターンズについては、ドラマの中の英徳学園という高校のロケ地として、成蹊大学のキャンパスが使われていたのだそうです。

グーグーだって猫である

そして、「グーグーだって猫である」は9月6日から公開される小泉今日子が主演している映画で、全面的に吉祥寺近辺でロケが行われています。

井の頭公園 階段

この吉祥寺ロケが行われていたのはかなり前だったのですが、私もロケの現場を目撃しました。そのときは平日の朝だったと思うのですが、井の頭公園の中にある、PepacaForestというレストランで機材を搬入していて、さぁこれからロケを始めるぞという感じの場面でした。この映画、是非見てみたいと思っています。

ヤマトナデシコ七変化

真一の店「迷宮入り」は焼き鳥の「いせや本店」の向かい側あたりの吉祥寺通りから井の頭公園に降りていく坂道の途中にあるチャイブレイクがロケ地になっています。
チャイブレイクで朝食を食べたときのレポートをこちらで紹介しています。

吉祥寺 井の頭公園 チャイブレイク

こちらがDVDです。

愛していると言ってくれ

「愛していると言ってくれ」は1995年に放映された豊川悦司と常盤貴子が主演したドラマです。

主題歌はドリームカムトゥルーのLOVE LOVE LOVEでこちらもヒットしました。最近でもときどき、テレビで再放送されます。

常盤貴子が井の頭公園のステージでセリフの練習をしているシーンがとても印象に強く残っています。

水野紘子(常盤貴子さん)が住んでいる設定になっていた井の頭公園駅と三鷹台駅の間にあるアパートの近くです。

井の頭線の電車

こちらがDVD-BOXです。

俺たちの旅

「俺たちの旅」は1975年から76年にかけて放送された青春ドラマで中村雅俊が主演していました。
こちらのドラマも最初にゴールデンタイムに放映されていたところは見ていないのですが、再放送されているのを見たことがあります。

俺たちの旅で舞台となったロケ地は、こちらで別に紹介しています。

ドラマ「俺たちの旅」の吉祥寺の街並み
ソニーのスゴ録に録画されている番組を整理していると、録画されている番組のリストの中に、「俺たちの旅」がありました。この番組、1975年から1976年にかけて放送されていた中村雅俊主演のドラマです。今から35年前のドラマということにな...

ラストフレンズ

ラストフレンズはつい最近まで放送されていた長澤まさみ主演のドラマです。このドラマでは、五日市街道、吉祥寺駅の北口前ロータリー、Loft、井の頭公園、丸井横の美容室など、頻繁に吉祥寺周辺の町並がうつっていました。こちらもロケの現場らしきところを目撃しました。

DVDはこちらです。

夢で逢いましょう

他にも矢田亜希子が主演していた「夢で逢いましょう」というドラマでも吉祥寺周辺が頻繁にうつっていました。特に吉祥寺駅と井の頭公園駅の間にある井の頭線の踏切を渡る道(水門通り)を印象的にロケに使っていました。
吉祥寺駅近くの井の頭線の踏切

この坂道を登っていくと踏切があります。

夢で逢いましょう DVD-BOX
ジェネオン エンタテインメント
¥28,938(2021/06/30 14:25時点)

やんパパ

長瀬智也さんや後藤真希さんが主演していた「やんパパ」というドラマも吉祥寺が舞台です。長瀬智也さんが演じる真淵優作は、売れっ子の漫画家である風見唯(藤谷美和子さん)のアシスタントをしていて結婚しました。しかし、風見唯は交通事故で突然他界してしまいます。風見唯はバツイチで子どもが3人、その残された子どもの父親になる決意をしてストーリーが展開されていきます。

この風見家の建物に使われたレンガ造りの立派な家が井の頭公園に面した場所にあります。

まだまだ吉祥寺が舞台になっているドラマや映画は色々あります。今後もさらに色々なロケが行われると思いますので、目が離せない街だと思います。

高校教師

真田広之さんと桜井幸子さんが主演していた1993年のドラマに「高校教師」があります。日向女子高等学院の最寄り駅が井の頭公園駅という設定でした。

そんな日向女子高等学院の通学路でのシーンとして、井の頭線のガードがよく出てきました。こちらの場所です。

孤独のグルメ

松重豊さんが主演している一人飯のドラマです。原作の久住昌之さんが多分、三鷹や武蔵野市の周辺に住んでいらっしゃるからだと思うのですが、吉祥寺や三鷹のお店が紹介されることがあります。

こちらは吉祥寺駅北口、第一ホテルの向かい側あたりにあるカヤシマというお店です。

吉祥寺 カヤシマ

こちらは三鷹駅南口にある「樹」というお店です。カウンター上の大皿の料理を取り分けてもらえる3品定食が取り上げられています。

定食 樹 孤独のグルメ

あなたのことはそれほど

波留が演じる渡辺美都は武蔵野歯科で医療事務として勤務しています。その武蔵野歯科は三鷹駅と吉祥寺駅の間にあるこの建物にある設定になっていました。1階のレストランNICUTAもロケで利用されていました。

ドラマのDVDはこちらです。

【2020/05/02追記】

最近は吉祥寺舞台のドラマが減少?

吉祥寺がドラマなどのロケで使われるのが多い理由は、やはり吉祥寺が魅力的な街だということは一つあると思うのですが、それ以外に映画のスタジオが調布市に多いので、そこから比較的近いということも理由の一つかもしれません。

ただ、最近では吉祥寺を舞台にしたドラマの数が大きく減ってしまったような気がします。住みたい街ランキングでは今でも上位にランキングしていますし、街としての魅力は以前と比較してもまったく落ちていないどころか、魅力あるお店も増えていると思います。

もしかすると、人気が高いがために人がたくさん押し寄せていて、ロケをするのが難しくなってきている面もあるのかもしれません。

Related posts

コメント

タイトルとURLをコピーしました