iPhoneでワンセグが見られるようになる

シェアする

TV&バッテリー

 ワンセグは日本ローカルな規格ということで、日本メーカーが発売するガラパゴス携帯には機能が搭載されるものの、世界で発売されているiPhoneにワンセグを搭載することは無いだろうと言われていました。

 ところが、今日のソフトバンクからの発表で、iPhoneを使ってワンセグが見られるようになるという発表がありました。とは言っても、ワンセグを搭載したiPhoneが発売されるわけではありません。外付けのアダプターをオプションで発売する形になります。

 このオプションのワンセグチューナーですが、単なるワンセグチューナーではありません。無線LANでワンセグから受信した信号を送信する機能が付いています。そして、iPhoneの無線LAN機能でこのテレビの信号を受信し再生する形になります。iPhoneでテレビを再生する際には専用のソフトウエアが必要になります。このソフトウエアはAppStoreで無料でダウンロードできるようになるそうです。残念ながら1つのワンセグチューナーから複数のiPhoneで視聴することは出来ません。


 無線LANを使っていることを利用して、ワンセグの電波が受信できそうな窓辺にこのオプションを置いて、そこから無線LANで少し離れたところにあるiPhoneへ映像を送るということも出来ます。また、このオプションを鞄の中に入れておいてワンセグの電波をさせ、手元のiPhoneでテレビを見るということも出来てしまいます。これならば、まるでiPhoneの中にワンセグチューナーが付いているかのような使い方が出来ることになります。

 しかも、このワンセグチューナーには バッテリー機能あり、バッテリー切れのiPhoneを1回はフル充電できてしまうそうです。このバッテリーはワンセグチューナーそのもののバッテリーとしても機能しているのだと思いますが、なかなか良いアイディアだと思います。

 この「TV&バッテリー」そのものの充電にはminiBタイプのUSBケーブルで行われます。従って、パソコンなどからでも充電が可能なようになっています。この充電時間はAC電源経由で約2時間、USBケーブル経由で約4時間です。

 だいたい1万円程度で発売することを目標に製品化が進められているようなので、あまり高すぎることはありません。これを買えば無料でテレビが見られるようになる上に、いざとなればバッテリーでiPhoneに充電が出来てしまいます。発売されるのが楽しみです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク