iPhoneのアプリケーション「iGolf」を使ってみた

iGolf

 iPhoneでAPP STOREのランキングを見ていると、無料アプリケーションの方にiGolfというソフトウエアがランキングされていました。おもしろそうなので、さっそくiPhoneへダウンロードおよびインストールをしてみました。

 iGolfの起動直後の画面は下記のようになります。何だか英語の文字ばかりで、少し距離を感じてしまいます。でも、絵が付いているので落ち着いてみれば大丈夫ですね。最初にクラブを選んで、地面に向けて持ち、HITボタンを押したあとにスイングするという手順になるようです。

iGolf起動直後の画面

 そして、しばらくたつと、下のメニュー画面に変わりました。

iGolf メニュー画面


 メニュー画面でSTART GAMEを選択します。そしてヒットボタンを押すと下の画面になりました。

IGOLFスタート画面

 これで注意深くスイングすると、球が飛んでいきます。このスイングするときは、何だかiPhoneをどこか遠くへ放り投げてしまいそうな感覚になります。Wiiのリモコンならばともかく、iPhoneを投げ飛ばしてしまうと大変です。また、まわりに物や人がいても危険です。ちょっと広めの場所で気をつけながらスイングしましょう。

 何ヤード飛ぶかを競い合うゲームになっています。200ヤードくらい飛べば、ハイスコアーになって、名前を記入する画面が出てきます。

IGOLF

 YOUTUBEにiGolfで遊んでいるところの動画がアップロードされていました。あわせて紹介しておきます。

コメント