グランドピアニストにJBLのスピーカーを接続

シェアする

ピアノ

 セガトイズのグランドピアニストをケースの中にしまったまでは良かったのですが、音がケースの中にこもってしまって、視聴する上では支障が出てしまいました。そこで、スピーカーを接続して、ケースの外にスピーカーを置いてみることにしました。

 スピーカーはミニプラグが付いているタイプの製品であれば大丈夫なようです。グランドピアニスト自体にはミニプラグを延長するためのコードが付いていますので、このコードでケースの外にまで引き延ばしておいて、ここにスピーカーからのケーブルを接続するようにします。

 スピーカーそのものはYAMAHAが発売する純正品もあるようですが、値段が高いので、まずは押し入れの奥にしまってあるスピーカーを使ってみることにしました。確かamazonで購入したJBLのパソコン用スピーカーが余っていたはずです。こちらの記事(DE893B#ABJ JBLプラチナスピーカ)で紹介したスピーカー「DE893B#ABJ」になります。このJBLというメーカーですが、オーディオマニアの人ならばよく知っている名門のブランドです。パソコン用の安価なスピーカーを生産していることは、このスピーカーを購入するまで知りませんでした。

JBL DE893B#ABJ 激安スピーカー


 このスピーカー、当時(2004年頃なのでもう4年前です)は1600円で特売されていました。値段の割には良い音がするとネット上ではかなり話題になっていました。しかしあれから何年も経ってしまいますので、今では楽天市場やアマゾンで探してみたところ残念ながら売っていないようです。

 押し入れの中からスピーカー本体はすぐに出てきたのですが、何故かACアダプターがどこかへいってしまいました。さんざん探していると、それらしいACアダプターがケースの中から出てきましたので、これを接続してみると、見事に使えました。このACアダプター、とてもスタイリッシュなスピーカー本体とは比べものにならないほど無骨なデザインで大きいものです。本当にこのスピーカー専用のACアダプターなのか否か少々気になります。

 スピーカー本体を観察してみると幸いなことにコードの先端はミニプラグになっていますので、そのまま接続することが出来ます。

 実際に接続してグランドピアニストの下に置いてある台の中にスピーカー本体を隠して音を出してみました。やはりグランドピアニスト本体に付いているスピーカーと比較すると深みのある良い音がします。当然、本物のグランドピアノの音には遠く及びませんが、BGMとして流しておく分には十分なのではないかと思います。

 すでにこのJBLのスピーカーについては入手することが出来ませんが、現時点ではどんなスピーカーが発売されているか調べてみました。個人的には下の商品が気になっています。

Creative Inspire T10 IN-T10
クリエイティブ・メディア
発売日:2007-10-31
発送時期:間もなく入荷します。ご注文はお早めに。商品はご注文いただいた順番にお届けします。
ランキング:5285
おすすめ度:5.0
おすすめ度5 置いているだけで満足感が得られる逸品
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク