久しぶりに「丘の湯」に行った

シェアする

丘の湯

 最近になって色々なところにスーパー銭湯や日帰り温泉が増えてきたこともあって、よみうりランドのすぐ横にある丘の湯には行っていなかったのですが、休みの日に行ってみました。

 今回は休日にしか走っていない「吉祥寺駅発、よみうりランド行き」の小田急バスに乗って行ってみます。このバス、平日には全く走っておらず休日に僅か1往復しか走っていないという不思議なバス路線です。ずっと昔から走っているので廃止するつもりはないのでしょう。免許維持路線なのでしょうか。

 バスの中には4組程度のお客さんしか乗っていませんでした。途中のバス停からは「調布駅は通りますか?」と聞きながら乗ってくるお客さんがいましたが、運転手さんが「通りませんのであとから来る調布行きのバスに乗ってください」と答えると、その指示に従っていました。

 よみうりランドに着いたのは午前9時55分頃、丘の湯は午前10時オープンなのでちょうど良い感じです。丘の湯の前まで行ってみると、20人程度の列が出来ていました。近所には稲城天然温泉「季乃彩(稲城天然温泉「季乃彩-ときのいろどり」に行った)なども出来ていて、丘の湯の人気は落ちているのではないかとも思ったのですが、そんな心配はいらないようです。


大きな地図で見る

 靴を下足入れに入れて自動券売機で入館料を支払います。入館料は下記の通りです。

 平日     大人 一般 600円 会員 550円
         小人 一般 350円 会員 300円
 土日祝日  大人 一般 700円 会員 650円
         小人 一般 400円 会員 350円

 営業時間は午前10時から夜24時まで、休館日は不定休(次回休館日は10月7日)、駐車場は200台とのことです。

 パンフレットによれば、お風呂の種類は全部で19種類、そしてサウナは2種類あります。ここのサウナは階段状になっている大きなサウナ(タワーサウナ)で、テレビも付いていて、ゆったりと時間を過ごすことが出来るサウナなので良い感じです。

 でも今日はとっても混んでいて、サウナに入る時間が悪いと、座るところもないほど盛況でした。テレビがコマーシャルになると立ち上がる人も多いので、このタイミングに入ると良いです。このタワーサウナでは上の方は温度が90度、下の方は温度が70度くらいになっていました。また、タワーサウナから出たところには大きな水風呂や水飲み場もあり、万全な設備だと思います。

 パンフレットでサウナが2種類と書かれているのは、露天風呂エリアにある「漢薬蒸風呂」を指しているのでしょうか。

 屋内および屋外のお風呂を一通り楽しんだあと、お風呂からあがってみると、ちょうどお昼時です。でも今回はこちらの食事処ではご飯を食べずに、来る途中にバスから見えたアメリア稲城というところに行ってみることにしました。京王よみうりランド駅の少し向こう側に行けば着きそうな感じです。

 京王よみうりランドの駅までどうやって行けば良いか考えていると、10月13日まで期間限定で無料送迎車を運転していることを知り、ちょうど出発時間が近づいていたので、これを利用して、京王よみうりランドの駅まで行きました。1時間に一本の運転なので、無料送迎車が来ないときには、小田急バスの定期バスかゴンドラを使って駅まで出るのが良いでしょう。

 周辺の地図を掲載しておきます。


大きな地図で見る

スポンサーリンク

コメント

  1. 臨機応変? より:

    よみうりランドの丘の湯に行ってきました

     よみうりランドの丘の湯に行ってきました。ここは日帰りの入浴施設なのですが、残念ながら天然温泉ではありません。最近は周囲に天然温泉の施設も増えてきている…