蒙古タンメンの麺大盛を食べた

蒙古タンメン中本 吉祥寺店

 先日、雨が降っている夜8時ごろでしたが、会社から家へ帰るときに無性に辛いものが食べたくなったので、蒙古タンメン中本に行ってきました。

 前回来たときには店の外までお客さんがあふれてしまっていて、かなり待たされる感じだったのであきらめたこともあったのですが、今日はそんなに混んでいないようです。店の外ではタバコを吸っているお客さんが2人いましたが店内をのぞいてみるとカウンター席が空いているので、そのまま店の中に入ってみました。

 最初に自動券売機で食券を買わなければいけません。北極はいくら何でも辛過ぎるので、今回は無難に蒙古タンメンを選択しました。値段は770円です。昔はラーメンといえば500円でお釣りが来る食べ物という印象が強かったのですが最近はこの程度の値段設定をしているお店が増えてきたような気がします。

 この蒙古タンメンはお店の看板メニューです。そして、お腹がすいていたので、麺を大盛にしてみました。自動券売機で麺大盛のボタンがどこにあるのかサッパリと判らなかったのですが、冷静に探してみると見つけることが出来ました。+70円で麺は大盛になるようです。蒙古タンメン大盛の食券を持ってカウンターのほうに歩いていくと、「こちらへどうぞ」と席に案内してくれました。

 ちょっと残念だったのは、案内された席は、水の入ったポットに遠かったことです。この店では、ついつい水をがぶ飲みしてしまうのですが、手を伸ばさないと届かないところにあると、隣の人の前に手を出すような感じになってしまうので、そうそうお替りができません。

 しばらく待っていると、蒙古タンメンの麺大盛が運ばれてきました。中央部がグワッと盛り上がっていて、なんとなく迫力があります。野菜をかきわけて、中から麺を出してみると、出てきました。ツルツルと食べてみると、スープがよく絡んでとてもおいしいです。麺大盛にすると、いつもの物足りない感じを抑えることができるので、なかなか良い感じでした。これからは、麺大盛でいきたいと思います。

 辛いラーメンを食べて、今日はちょっと幸せな気分になりました。でも、ちょっと風邪気味で、パブロンをのんでいる身体なので、こちらを早く治すほうが本当は先決かもしれません。

コメント

  1. セブンイレブンの蒙古タンメン中本カップ麺を食べた

     蒙古タンメン中本は板橋が発祥の地で、現在は都内中心で七店舗を展開しているラーメンチェーン店です。そしてここにはほかのラーメン店とは全く違う、大きな特徴が…