株価の暴落とSONY株の購入

シェアする

東証

 今日は日経平均株価が952円安の9203円(9.38%)という驚いてしまうような安値になってしまいました。

 史上、第三位の下げ幅なのだそうです。それでは、1987年のブラックマンデーはどうだったのかを調べてみると、3,836.48円(14.90%)も値を下げたというので、これと比べてしまえば、まだまだそんなに凄い状況ではないような気もします。

 各企業の株価をみてみると、まるでバーゲンセールのような状態になっています。特に輸出企業の株価は安いですね。今日、会社から帰ってきてから楽天証券で株価を確認していたのですが、あまりにもSONYの株価が安いので、ついつい、PTSの夜間取引を使って100株購入してしまいました。

 明日以降も、まだまだ株価が下がる可能性が高いですが、また時間がたてばそのうち株価が戻ってくるのではないかと楽観視しているのですが、いったいどうなることでしょう? 気になるところです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 日経平均が史上最大の上げ幅

     最近はずっと日経平均がズドンズドンと落ち続けていましたが、G7における各国の金融危機対応策を評価して、今日の日経平均は史上最大の上げ幅、+1,171.1…