GPSレーダー探知機(MARUHAMA GPS-3700LS)で安全運転

MARUHAMA GPS-3700LS

 楽天市場で10ショップで各々1000円以上の買い物をすると楽天スーパーポイントが10倍になるというキャンペーンを実施していたときに、9ショップまでは欲しいものが見つかったのですが、なかなか次に欲しいものが見つかりませんでした。27時間限定のイベントだったので、次に何を買い物かごに入れるのか、困りに困ったときに見つけたのがGPSレーダー探知機です。

 自動車に搭載するレーダー探知機には色々なタイプのものがあるのですが、単にレーダーを探知するだけの商品では検知できないシステムが徐々に増えてきたので、最近ではGPS機能が付いたタイプのレーダー探知機が一般的になっているようです。そこで、このタイプの商品を選ぶことにします。

 だいたいの商品が1万円以上の値段で売られているのですが、楽天市場で何故かMARUHAMAという会社のGPS-3700LSという機種が7800円で売られているのを見つけました。

 同じ楽天市場でもほかのお店では1万4000円前後で売られているほか、商品のレビュー(【楽天市場】お買い物レビュー: GPS-3700LS カラー液晶ディスプレイ搭載 …)を見ても、なかなか評判が良さそうだったので、この商品を購入してみることにしました。


 このGPS=3700LSは、GPSの最大データ登録件数は約10000カ所、X-BAND,K BAND,カーロケ無線,デジタル無線,署活系無線,レッカー無線,取締無線,取締特小無線,警察ヘリテレ無線,消防無線,消防ヘリテレ無線,新救急無線,トラップゲートなどに対応しています。

 また、給油ガイド機能、休息ガイド機能、GS情報お知らせ、免許・車検更新ガイドが付いています。給油や休息ガイドについては、GPSを使って移動情報を収集して、給油や休息が必要な条件を満たしたときに案内をしてくれる仕組みです。

 その商品が昨日、自宅に届きましたので、さっそく、ラフェスタに取り付けてみました。この機械、きちんと、本体とGPSレーダーのアンテナ部分が分離されているので、設置にあたっては色々なバリエーションを試してみることが出来ます。

 今回はアンテナ部分も本体もダッシュボード上に置いてみました。運転席の前に色々置くと視界が遮られてしまいそうでしたので、運転席とは反対側の助手席の前の方に付けてみます。ダッシュボードの上にはすでにETCのアンテナも置かれているので、本当であれば、カーナビ、ETC、GPSレーダーが一体になったような商品が今後は主流になってくるのではないかという気もします。

 取り付けは10分程度で終わって、そのあと、街を走ってみました。ちょっと大通りを走っていると、かなりの頻度で、「緊急車両が遠ざかりました」、「カーロケが接近しています」、「署括無線を受信しました」などなど、色々なことを注意してくれます。

 しかし、意外なことに、ミニパトがピッタリと自分の車の後ろを走っているときには何も注意をしてくれませんでした。やはり、このような機械に完全に頼ってしまってはいけず、日頃から安全運転を心がけていなければいけないということなのでしょう。

 この装置を取り付けたのを機に、引き続き、初心を忘れずに運転していきたいと思います。

【追記】

 この製品、GPSデータが更新可能と書かれているのですが、どうやって更新をするのかがマニュアルから判りませんでした。本体を見渡してみてもメモリーカードを入れるようなスロットがあるわけでもなく、またまさか無線で更新されるようなことも無いような気がします。

 そこでネットで検索をしてみると、その答えとなるQ&Aを見つけることが出来ました。

  ★マルハマのGPSレーダー探知機(カーレーダー)の、GPSデータ更新の方法がわかりま… – Yahoo!知恵袋

 どうも、メーカーにセンドバックで送付しない限りはデータ更新が出来ないようです。最新のデータにアップデートするためには、ちょっとこれでは厳しそうです。もっと簡易にデータ更新をしたい方は別の会社の製品を選択した方が良いかもしれません。

【追記】

 その後も、この製品を付けてラフェスタの運転を続けています。やはり、都心の方に出ると、常にレーダー探知機が鳴り続けるような感じになります。「ステルスを検知しました」、「緊急車両が接近しました。注意してください」、「Nシステムです。注意してください」、「消防無線を受信しました」、「ループコイル式オービスです。注意してください」などなど、色々な注意喚起がレーダー探知機から発せられます。

ときどき、前の車のあとを調子よく走っていると、知らず知らずの間に速度オーバーになってしまっていることがあるのですが、このレーダー探知機からの注意を契機にスピードメーターを見てみると、超過していることに気がつきます。そのときは、スピードを落として運転を続けます。やはり、レーダー探知機は安全運転には大きな効果があるのではないかと思います。

 また、おまけの機能として、「5時になりました。ライトをチェックしてください」などの注意を喚起してくれる機能もあります。また、毎時0分には時報を離して貰う設定も出来るので、時計としても重宝します。なかなか良い買い物が出来たのではないかと思っています。

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!
自動車・カー用品・メンテナンス
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント

  1. レーダー探知機に助けられた

     マルハマのレーダー探知機を使っているのですが、今日はこの装置に助けられました。甲州街道から谷保のあたりで日野バイパス方向に曲がり、そして野猿街道の方へ…