レッドロブスターの武蔵野関前店に行った

レッドロブスターの武蔵野関前店

 もう十年ぶり以上になると思うのですが、レッドロブスターに行ってきました。武蔵野関前店というところで、井の頭通りの終点となる交差点の近くにあります。

 ここのレッドロブスターは昔から存在は確認していたのですが、何となく外装がかなり痛んできていて、いつ潰れてしまってもおかしくないという雰囲気になってしまっていました。でも、今日通りかかったときには、そんな感じではなくなっていたので、思い切って入ってみようということになりました。

 入ったのは午後4時頃で、まだ夕食には早い時間帯でしたのでお店の中は非常にすいています。お店の中は入り口から入ると右側のエリアと左側のエリアで雰囲気がちょっと違うようなのですが、私たちは左側のエリアに案内されました。


 左側のエリアはいかにも「アメリカ・・」という感じの高級感のあるインテリアになっていました。お店の外から見たときの印象とはかなり違います。

レッドロブスターの店内

レッドロブスターの店内

 メニューについてはお得なランチタイムメニューのようなものは終わってしまった時間帯なので、グランドメニューの中から選ばなければいけません。色々とバラバラに注文していきました。

 最初に来たのはシーザーサラダです。カリカリになったベーコンが2枚のっていました。また、目の前でチーズをけずってかけてくれます。

レッドロブスターのシーザーサラダ

 レタスがクルクルッとした不思議なレタスだったのですが、家に帰ってから調べてみるとエーゲ海のコス島おいうところが原産のロメインレタスという品種であったようです。

 こちらはシーフードパスタです。

シーフードパスタ

 エビやイカ、貝など色々な素材が入っていて、とても美味しい一品でした。

 こちらは、名前を忘れてしまいました。

レッドロブスターの料理

 この中に2匹のエビを寄り合わせたようなエビフライがあったのですが、トルネードシュリンプフライというそうです。ほかにガーリックライスやポテトフライなどが入っていて、とてもボリュームがありました。

 最近はあまりレッドロブスターのコマーシャルを見なくなってしまいましたが、是非、これからも頑張って欲しいチェーン店だと思います。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
グルメ・ランチ・美味しいもの
スポンサーリンク
このブログをフォローする
臨機応変?

コメント